BLOG / ブログ, CHILDREN / 子供のこと, Diversity at work / 多様な働き方, FAMILY / ファミリーのこと, Garden&Farm / 田園生活, WORK&CAREER / 仕事のこと

Something blue about Okinawa / 沖縄のブルー

Just came back from Okinawa where I visited 3 times this summer.  The sky was blue, the ocean was blue, and I so much enjoyed the private beach and the stay at luxurious hotels until I realized that these great things are open for tourists, but maybe not so much for the local people.

今年の夏は沖縄に三度訪れました。

出張がメインで週末に延泊して帰ってくることが多かったのですが、那覇市内で一仕事終えて、その後で青い海と白い砂浜でリラックスすることを繰り返すと、何だか妙な罪悪感が生まれる自分がおりました。

何故かと言うと、仕事を通して沖縄の若者たち(20代から30代)と話していると、「実は全く泳げない」、「海にはほとんど行かず、モールなどで買い物している」という人が多く、仕事面でも4年制大学を卒業しても地元に戻ってきて良い仕事に巡り会えずにいる(経済的に恵まれない)、などの話をよく耳にしたからです。

一方で那覇市内のフードビジネスやチャイルドケアビジネスを見ていると、都市部からきた観光客をターゲットにした東京都変わらない価格設定をしていて、おそらく利用者も地元の人ではないと思われます。

沖縄出張は一週間づつ行ったため、二度は子連れでしたが、その都度、読谷村(ヨミタンソン)や名護市まで足を伸ばしては沖縄の自然に触れる機会を作ったのですが、ホテルの部屋でボディケアをしてくれた地元の女性が「ジンベイザメって見たことないのですが、大きいからこわいですよね」というので驚いてしまいました。

沖縄に住んでいて美ら海水族館に言ったことないのかしら?ジンベイザメってプランクトンや海藻が主食で人を襲うことは殆ど無いサメだということも知らないの?地元の人には馴染みのないこと??と頭のなかがハテナだらけになってしまいました。

リゾートエリアに住んでいるからといって、リゾートに縁が深いわけではないのだという事実を知って愕然としました。考えてみれば、関東や関西の一部の都市部を除くと田舎の感覚というのは共通しているのかもしれません。

沖縄の高級リゾートホテルはこれまでに何件かめぐりましたが、一泊10万円近い値段がすることを考えると、やはり都市部基準です。年に数回こんな贅沢ができるのも都市部でお給料をもらえているからに違いありません。

東京の一流企業で働いていたけれどダイビング好きが高じて10年ほど前に沖縄に移住してきたという女性にも会いましたが、今では殆ど海に潜ることがなくなったと言っていました。海が近くていつでもそこにあると思うと、腰が上がらないということでした^^。

リゾートは遠くに在りて想ふもの・・なのかもしれません。

ちなみに今年の夏に訪れたAlivilaブセナテラスも良いホテルでぜひまた訪れたいですが、なんといっても一番のオススメはカヌチャリゾートです(ただ、場所が遠くて空港から車で二時間半ほどかかった記憶あり)。

CHILDREN / 子供のこと, Diversity at work / 多様な働き方, Education /子どもの教育, FAMILY / ファミリーのこと

Business trip with the kids / 子連れ出張トライアル

 

 

This year, I anticipated business travels to the same place.  So I decided to explore for child care support and took them with me.  After all, everything is very different from the center of Tokyo, but I somehow managed to survive the days in the remote location!!

 

 


  

子供が三歳にもなると、これまで免除されていた遠隔地への出張にも出向けるようになってきました。

今年は同じ場所への出張が何度か重なりそうな予感があったので、現地でのチャイルドケアを受けられるよう調べて、できる限りの準備をしてみましたが、いやはやこれがなかなか大変でした。

まず最初に会社が指定する旅行代理店に自分自身と子ども二人のフライトを予約しようとしたところ、エージェントから驚きのメールが飛んできました。「お子様と一緒ということですが、これは個人旅行でしょうか?であれば弊社のホームページから お手配ください」とのこと。

それができれば自分で勝手に手配したかったのですが指定の代理店から出張手配をするという会社の内規があっため、仕方なくエージェントにこれが出張であること、稀に女性社員が子連れで出張するというケースがあることを伝えるという面倒くさいプロセスを踏むことになりました。

代理店からは平謝りしてもらいましたが、まるでこちらがクレーマーみたいでいやな感じ。しかも夏休み中のハイシーズンなので航空運賃も通常の二倍で、幼児二人を連れていくだけで何十万円もの出費となり、上顧客のはずなのにこちらとしても後味が悪いです。

そして次に、出張先で子供を一時的に預かってくれる保育施設を検索したところ、職場の最寄りに見つけたのがインターナショナルスクールの準備をするために英語で保育を行っているプレップスクールでした。一時的にこういうところに入れてみるのも面白そう!とさっそく予約を入れたところ無事人数枠も抑えることができて一安心。

と思いきや、夏季休暇中はなんと毎日14時半までの営業になるとか。南国の感覚だなぁ・・・。

そのスクールをやめてよそを当たるか、その後の保育の当てを探るか迷いましたが、ここの保育内容がなかなか気に入ってしまったことと、次に来るときは夏が終わっているはずなので、最寄りの保育所での体験保育をしておくのはプラスだという判断になりました。

そして今回の14時半以降をどう乗り切るか・・・ということでベビーシッターさんに来てもらうことに。ネット検索するとすぐに見つかったのが大手ベビーシッター会社の支店で、すぐにシッターの手配に入ってくれるとのことでした。

はぁ、ようやく落ち着いたかと思いきや、今度はシッター会社から「夏の間はシッターが自分の子供の世話に入るのでなかなか見つからず、一週間前までに見つからない場合はキャンセルでお願いします」という驚きのメッセージが飛んできたではありませんか。

いくらなんでも一人くらいシッターさんが見つかるだろうと踏んでいたのですが(しかも一度に二人の子をみれる高額保育のチャンス)、甘かった!

仕方なく、出張先の担当者に会議室を抑えてもらい、最悪、仕事の合間にちょいちょい様子を見に行って、二人にはDVDを見せたり、スマートフォンでYouTube でも見せておくしかないと覚悟を決めたのですが、そんな矢先にようやくシッターさんが見つかったという連絡が入りました(しかも遠方から来てもらうので一日数千円の割り増し交通費がチャージされるのだとか)。

 

あ、でも今回は子どもたちの成長を目の当たりにするとても嬉しい発見がありました。

これまで(二歳くらいまで)は新しい保育環境になれるには時間がかかっていたのに、子供たちは全く泣いたりせずに「いってきまーす」、「Hello!」、「よろしくお願いしまーす」などと言いながらスクールやシッターさんとの保育時間に入っていくことができて、すっかり拍子抜けでした。

これも長年の保育園生活、シッター生活で「ママは必ず迎えに来てくれ」という信頼関係を作れたことや、少しづつ時間的な約束がわかってきた(長い針が2を過ぎたらお迎えに行くねということが理解できるようになった)ことが大きいかなと思います。

「あー、これってすごい。こんな風に子どもたちが保育の時間を過ごせたら、どこでもいっしょに連れていける~」と思い、感動的でした。

しかもお迎えにいくとものすごく楽しそうにしていて、「これからもEnglish 習いたい!楽しかったからまた来るね~」という反応だったので、こちらまで嬉しくなってしまったのでした。

こうやって乗り切った二日間(今回はトライアルのため短め)でしたが、母子で乗り切った初めての出張のご褒美として過ごしたこの後現地での延泊の様子をまたお伝えしますね。

 

Diversity at work / 多様な働き方, FAMILY / ファミリーのこと, Special Occasions / イベント&記念, Travel / 旅, WORK&CAREER / 仕事のこと

Spirit Cruise in NYC

A snow day … is something we did not expect in the trip made to NYC in March.  It was quite warm in the beginning of the week and got worse on Friday then we had a sunny nice day on the weekend.  It was more than 2 months before the trip I made the reservation for the boat.  I paid extra to secure a window table and ordered a family photo.   After all, the kids had a kick out of the snow day and so it made the cruise very special.

                  

怒濤の一週間を終えて金曜日にようやくファミリーで一緒に動くことができました。

出発の二ヶ月も前から予約を入れていた Spirit Cruise of New York でのディナーしたがこの日はあいにく雪に見まわれ、足元の悪い中ハドソン川沿いの埠頭に向かいました。東京と同じで雪が降った途端タクシーがいきなり捕まらなくなって、危うく遅れそうになりましたが、途中で電話をかけて今から向かっていることを伝えると、窓口の人も友好的にもし遅れたら翌日のチケットに切り替えてくれるとオファーがありました。

今回は家族のために「あっとニューヨーク」というところで日本語ツアーをいくつか申し込みましたが、このクルーズだけは現地のホームページで直接申し込みました。日本語ツアーにもコースはあったのですが、窓際席の予約(特別料金)ができなかったのでこちらにしてみました。結果的には、こういう突発的な事情だと現地窓口と直接やりとりできなければチケットは無効になっていたかもしれません。

夫と私で子どもを一人づつ抱きかかえるようにして雪の中をイエローキャブに乗り込み、遅々として進まないトラッフィクの中を移動したのも後になれば全て良い思い出です。

さて事前に調べた評判通り、ここのクルーズはKids Friendly ということで、ハイチェアの用意があったり、しょっちゅうウエイターが気にかけてくれてサービスも良かったです。食事はビュッフェだったので少々面倒でしたが、そこで出された普通としか言いようのないペンネパスタのバジルソース和えが何故かこどもになかなかの人気で、NYで食べたものの中で一番美味しいというので驚き!(ちなみにこの翌日、Wolfgang でステーキを食べて意見は変わったようでした)。

途中、子どもたちにとってはこの旅で三度目となる自由の女神が見えてきました。雪の降る甲板で滑らないように気をつけながら写真を撮りましたが、水辺だけに極寒でした~。

下の息子は忘れてしまうことと思いますが、4歳の娘の記憶にはギリギリ残るかな~?