WORK-LIFE / 仕事と家庭の両立

Reason why not to work from home / オフィスで働く意味が変わってきました

When my first child was born in 2011, we still had this old work style to be stuck in the physical office. Every morning, I had to make myself presentable to public, drop off my daughter to daycare, pick her up in the evening to take her home, all of which was so much work. 6 yeas later, now, I hook up my work PC to the company server to get most of things done from home. The work place is where we collaborate, and people do not need to be there unless there is a reason to do so. I save my time for private, and the firm saves money on real estate.

先日、会社の人事担当者と会話したところ、

「5年ほど前に働く女性エグゼクティブとしてあなたが在宅勤務を始めた時は完全に亜流だったのに、今では驚くべきことに最先端ですね。他の人にも自由な働き方が浸透してとてもよい状態ですね」

と言われました。

そう。ようやく時代が私についてきたと感じます、というと自信たっぷりに聞こえるかもしれませんが、自分でも手探りで周囲と戦いながらの苦悩の時代でした。あらためて振り返ってみると確かに働き方をめぐる根本的な考え方が劇的に変わった一時代だったといえます。

たった6年前のことなのにまるで古めかしい時代のことに思えてしまいますが、毎朝定時に会社を目指し、ヤキモキ、イライラしながらタクシーを捕まえて子どもを保育園に連れて行き、遅刻しようものなら白い目で見られて、夕方も誰よりも早く帰宅しなけばいけない日々…。

今では、テクノロジーのお陰で物理的な居場所に縛られないフリーデスク制度が取り入れられ、どこにいようと簡単にチャットやオンライン会議が可能になりました。さらにこれが進み、別にオフィスの中にいる必要もなくなってきて、今ではオフィススペースの有効活用を会社の方が推奨するまでに変わってきました。

年子の乳幼児二人を抱えて四苦八苦していたあの頃、毎日会社に来ないといけなかったというのは本当にキツかったなーと思います。

「上司が席にいないと仕事が進まない」とか、「いないときはちゃんと予定を教えてほしい」から始まり、「朝や夕方にきちんとみんなに挨拶をすべきだ」など、職場の360度評価で酷いコメントがついたこともありました。私を捕まえたければいつでもスマホに電話してこればいいのに、と当時は思っていましたが、時代を先取りしすぎていたのかもしれません。今ではそんなことは当たり前になりましたが。

当時は周りとのギャップに嫌気がさしてかなり心破れたこともありましたが、いつしか不満をかかえる人たちもいなくなり、この5年間に多くの人たちに在宅勤務のチャンスが巡ってきて本当に良かったと思います。もはやワーキングマザーのみならず、一般の独身男女の社員も週に一日、二日は在宅で働くことが奨励されるまでになったので、時代の流れってすごいなーと思います。

ところが在宅勤務というのは実際にやってみると、案外キツイものなのです。ただオフィスにいさえすれば仕事をしているとみなされるのとは違って、周りに見える形で貢献を残さないと居場所がなくなるという点が一つ。そして、家から働くというのは一見聞こえがよくて便利なようでも、実際にやってみるとポツンと家の中で世の中から取り残され、周りとコミュニケーションを取るのも難しいと感じるといつ難しさがもう一つ。

そんな訳で、 最初は在宅をしたがっていても、やってみると会社に来た方が仕事をしやすいという人も多く、在宅勤務に耐えれる人とそうでない人に別れてきます。でも、人間、選択肢を与えられると穏やかになるようで、今では誰も私の働き方を咎めることはなくなりました。

そして何よりもおどろいたのが、この夏に会社で一斉に行われた外部調査機関による社員の意識調査によると、私の部門が会社の中で最高点、グローバル組織の中でも最高レベルに達していたことでした。

会社の平均が60ポイントをウロウロしているところを、なんと回答率100%、満足度79という(驚異的なレベルだそうです)を達成していました。これをどう分析するか迷ったので、冒頭の人事担当者に分析を依頼したところ、上のような回答があったのでした。

もし、私自身が在宅勤務未経験であれば、部門全体にこれほど早く在宅勤務を奨励しきれなかったかもしれません。実際には、制度だけ生きていて働き方の改革が全く進んでいない部署もあり、大体は時間的、物理的な制約が少ない男性のリーダーが夜遅くまで仕事をしています。

自分が何時になっても会社に残れる場合、部下もそばにいた方が便利なのですが、リーダー自らが会社にいなければ、リモートで連絡を取れさえすれば部下がどこで仕事をしていようが関係ありません。上の現象は、リーダー(私)がワーママだったことが幸いして、それぞれの生活バランスな応じたスマートワークが一気に進んで、チームの満足度が爆発的にに改善したのだと思います。

また、5年前と明らかに違うのはテクノロジーの変化で、一昔前までは退社すると仕事をしているのかしていないのかなんて分からなかったのが、今は誰がログインしているのか瞬時に分かり、退席時間も全員に表示される仕組みになりました。

私はもう何年も前から、夕方はさっさと退散し、その後深夜にログインすることがと多いのですが、今頃になって「すごい時間に働くんですね」、「夜中に電話会議とかあるんですね」といってくる人が増えました。結果的に、私にとっては「あの人はオフィスにいる時間は短いけれど、いろんな時間帯に結構ハードに働いているらしい」と認定されるようになったようです。

ただ、個人的には部下や同僚に働き方を評価してもらう必要は全く感じていなくて、あくまで生産性の高い仕事をして、自分のクライアントと呼べる人たち(ここが大切で周囲の人「全員」を納得させることは難しと思います)に良い仕事を届けることが最優先。

まぁ、でも、世の中の動きとして、会社に行くことの意味を考えるようになっただけでも素晴らしい前進といえます。働くお母さんを取り巻くオフィス環境は劇的によくなっているので、もし今、心が折れそうなワーママさんたちがいたら、もう少し辛抱強く耐えたら明日の職場は変わるかもしれないと、お伝えしたいです。時代は私たちに味方してくれていますよ。

FAMILY / ファミリーのこと, Travel / 旅, WORK-LIFE / 仕事と家庭の両立

London trip with children left in Japan / 霧のロンドンに出張です

Hello to London again.  This time, I am away from my children over 4 nights.  This is the longest time apart ever since they were born.  Thanks to my husband who decided to cut down on his work hours to spend time with the children,  I am acting solo this week.  I miss my family a lot, but am surprised to think how easy to take care of only myself! 


今月は海外づいていて、ロンドンに来ています。

今回は学校がすでに始まったタイミングでたった二日間の会議が主な内容だったため、子どもたちを夫に預けて単身出張となりました。前後の移動時間を含めると全4日間も家を空けることになるので、子どもたちと離れて暮らす最長記録を更新することになります。

時差の関係で、現地のお昼休みに家に電話をかけると、日本時間21時で、ベッドタイム前の子どもたちと話すことができます。
初日は息子も娘も里心がついてしまって大泣きでした。2日目は元気な様子でしたが、電話を切った後、娘から下のメールが送られて来ました。

まだまだお母さんが恋しい6歳児にとって四泊も離れるのはさぞかし辛いことだろうと思います。子どものため、家族のために仕事を続けているとはいえ、こんな風に支えられていることをありがたく思います。

いつもはキッズケータイを放り出している娘ですが、私からの連絡を心待ちにしているのか、こちらからテキストを送るとすぐに返信が返って来ます。

夜にベッドに入ってから、携帯を握りしめてママにメッセージを送ってくれていると思うと泣けて来ました。下の息子は天真爛漫で、ママがいなくてもパパと運動会頑張るからね〜と健気です。

さて、今回のカンファレンスには子持ちの同僚が何人も参加していて、フランス🇫🇷、イギリス🇬🇧、インド🇮🇳から似たような状況で(夫や奥さんに子どもを見てもらって)参加していました。

日本以外の国では、在宅勤務が進んでいて、オフィスに行くのは週に1日か2日、あるいは会議や出張以外は全て在宅勤務という人が多くて羨ましいです。子どもが学校から帰るときに家に居られて便利、ただし日中は料理や家事を一切せずにパソコンに向かうという人もいました。

テクノロジーが発達して、物理的に拘束される必要性が低くなった今、何のために職場に出向くのか自問することが増えました。会社は誰かと協働するための場所であって、黙々とパソコンに向かうだけなら、家でもカフェでも良い時代です。

一方で、そんな時代だからこそ皆で時々集まって、普段話せないことを話そうよ、というムードが高まっていて、今回のように海外で召集がかかると皆、なんとか予定をやりくりして集合することになるので、その辺はちょっと大変です。

先のことはまた先に考えることとして…数日間なら夫に家を任せられると、これからは随分と楽になるなぁ、と今回の経験を踏まえて少し明るい気分になりました。

Almost twins / 年子育児, CHILDREN / 子供のこと, FAMILY / ファミリーのこと, Travel / 旅, WORK-LIFE / 仕事と家庭の両立

Kids friendly service at Island Shangri-La in Hong Kong / 香港シャングリラホテルで受けた最高のファミリーサービス

I was a bit anxious about this whole trip, to take my 5 and 6 years old overseas and place them under nanny’s care at hotel. Shangri-La in Hong Kong had Japanese speaking staff on a daily basis to pay special attention to them during our stay, and I am so thankful.

On a check-in day, we got a special room arranged with access to the executive guest lounge, where free drinks and snacks are served all day (this was very helpful with the nanny situation we were in). Then we received a fruit basket, kids gifts and a box of chocolates. Later that day, chocolate chip, gummy bear and a warm note arrived.

True, I had to pay a lot of money to hire a babysitter for 3 days through the hotel, but it was surprising that the hotel staff knew about us and were all so supportive wherever we went in that hotel. On the check out day, they arranged a hotel rep to wait for us at the airport to carry our luggage to check in and to immigration. Such hospitality was just beyond my expectation. What they offered was fabulous services to facilitate our difficult journey.

いやほんと、こちらのホテルには本当に筆舌に尽くしがたいキッズフレンドリーな対応を頂きました。

五つ星ホテルでお値段も立派ではありますが、香港のシャングリラはパリやロンドンほど高くはないのにホスピタリティの真髄に触れる経験をしました。

先ず、毎日日本語スタッフが声をかけてくれて、チーム連携をとって子どもたちに非常に良くしてくださいました。チェックインの日に普段は稼働率が高くてなかなか取れない(らしい)上層階の部屋を空けて頂き、一日1500円ほどのプレミアムを支払うだけで朝食や一日中各種ドリンク、アルコールや軽食がとれる豪華なエグゼクティブフロアへのアクセスをくれました。

後から考えると、昨年パリに行ったときに入っておいたシャングリラの滞在者カードに登録があったので、リピータ-扱いしてくれたのかな?と思います。せいぜい半年に一度くらいしか出張をするくらいなので手続きが面倒くさいと思ってイヤイヤ入りましたが、一見さんではないことを証明するとこんなに違うのだと目からウロコです。

さて、ホテルでのシッターさんとの生活が3日間あった私たちにとって、これは非常にありがたいことでした。ホテル滞在にも関わらず、いつでも手軽にフルーツやスナックにありつけるという設備は、小さな子どもがいると本当に重宝します。しかもめちゃゴージャスなラウンジで香港の景色を眺めながら立地な気分に浸れるという、普段の子付き生活ではなかなかできなダブルディッピングでした。

そして、チェックインしたその日には、可愛らしい子ども用のバスグッズやバスローブ等が届き、いつものフルーツバスケットやジャスミンティーサービスに加えて、チョコレートボックスとGummy bear のキャンディーボイックスも頂きました。毎日おやつの時間にはチョコレートチップスが届けられるのでした。

何よりも驚きだったのは、出発の日の朝、息子が前夜に興奮しすぎてなかなか起きてくれず、空港行きのタクシーに乗るときに眠りこけてしまったのをみて、ホテルの人が空港にいる別のホテルスタッフをスタンバイさせてくれて、帰国便のチェックインの手続きなどを全て手伝ってくれたことでした。

手荷物を幾つかダンボールに詰めてテーピングまでしてくれたりと至れり尽くせりで、「こんな小さな子どもを二人も連れて本当に偉いですね」とリップサービスまでしてくれて・・・、いやほんと中華圏のサービスの高さをこれまで過小評価していた自分が恥ずかしくなるくらい、助けて頂きました。

 

お金を出せばいくらでも良いサービスが受けられるということの典型なのかもしれませんが、いやほんと、良い気分で滞在して帰国することができました。出発前の杞憂は全てウソのように消え失せました。

実際のところ、日本に帰ってからの厳しい現実にうんざりしてしまう自分がおります。疲れていても自炊しなければならず、片付ける端から部屋が汚れ、誰もベッドメーキングをしてくれず、学校だ習い事だと送迎やら仕事やら、「あーそうだった。香港滞在は夢の一週間だった」と今更ながら気づくのでした。

あの夢のラウンジがあればなぁ、と天井を見上げる毎日です。

 

ミセス・デイジーの香港スイーツ
洪 翠娟
文化出版局
売り上げランキング: 250,649
香港行ったらこれ食べよう!: 地元っ子、旅のリピーターに聞きました。
清水 真理子
誠文堂新光社
売り上げランキング: 3,097
香港甜品―デザート

香港甜品―デザート

posted with amazlet at 17.09.25
謝 華顕
柴田書店
売り上げランキング: 247,450