FAMILY / ファミリーのこと, To my Son / 息子へ, 小学校

Grade school admission ceremony / 小学校の入学式

A new school year starts in April. My son became a first grader of elementary school just this week, and I am so excited. This is such an important milestone for raising a child. I feel that he is now one step closer to a grown-up.

The elementary school admission event is one of a few official ceremonies at schools, so I was supposed to look formal. Although I am so bad at many things about Japaneas tradition and rituals, there is one thing I may know a little bit more than people in general. That is kimono.

Looking back, the last time I wore kimono was two years ago for my daughter’s ceremony!!

Honestly speaking, I was not really feeling like it, especially the weather forecast was rainy. But I felt guilty for the fact that I already know which kimono to wear for my own graduation ceremony from my business school. So I decided to wear it even in a hurricane weather.

Perhaps he will forget about me putting the time consuming piece of traditional cloth, but pictures will stay. So, just to tell him how much I am happy for him on this special day, I made a little effort. I hope it paid.

今週は息子の小学校入学式でした。可愛らしい小学一年生たちが正装をして並んでいる姿を目にして、可能性に満ちた未来の世代だなと思いました。

思い返すと2年前、娘の入学式以来着物に袖を通していなかったことに思い至りました。前回は母からもらったピンクの紋付色無地、今年は自前で調達したクリーム色の紋付色無地にしました。入学式のような事始めには柄のない無地の着物が相応しいらしく、珍しく伝統に従ってみました。

午前中は雨模様の予報だったので、着物は迷いましたが、自分の大学院の卒業式に着て行く着物は今から決めてあるのに我が子の入学式に楽な洋服で行くのも気が引けます。結果、雨が降ろうが嵐になろうが着物で行こうと決めました。

着物姿を見た息子が一言、「ママすてきだね」

この一言で、一瞬にして大いに報われた気持ちになり、楽しい気持ちで入学式に出ることができました。

ちなみに自分の小学校の入学式の思い出はさほどないものの、1年1組には、若くて美人の先生と年寄りのおばあちゃん先生が二人いて、どちらが本当の自分の先生なんだろうとドキドキしていたことを思い出します。結果は、おばあちゃん先生でした。若い先生は副担任ということで、子ども心にがっかりした思い出があります(自分事ながら子どもって怖い)。

今年はまだ桜が沢山残っていたので、良い写真も沢山撮れました。何はともあれ、人生の一大事、小学校の入学式が無事済んでホッとしました。

幼稚園時代からお世話になった方々、どうもありがとうございました。