BLOG / ブログ, CHILDREN / 子供のこと, Special Occasions / イベント&記念

Advent promises / アドベントのお約束

It is December already! Children submitted advent promises to church, and I feel like bringing my eventful 2017 to closure. Not everything that happened was bad, but I often felt pretty miserable for unexpected events in this year.

Making some promises to myself is probably a meaningful thing to keep my chin up. I will think some before the 2018 countdown starts.

早いものでもう師走ですね。

幼稚園にアドベント(キリストの待降節)のお約束を提出し、今年もあと二週間ほどで冬休みがスタートするなぁ、と思いつつ、何故か毎年どんなお約束をしたのかが思い出せません。。それも師走のなせる技・・なのかもしれません。

アドベントのお約束は、家庭でのお手伝いなどではなく、幼稚園で毎日心がけることができるものがよいということで、今年は「お友達に優しくする」 にしました(と、備忘録を兼ねて記載しておきます)。

ところでカトリックでは、キリストがお生まれになった「降誕」と、十字架にかけられた後の「復活」という二大イベントの前後を、それぞれ「待降節」(降誕前)と「降誕節」(降誕後)、「四旬節」(復活前)と「復活節」(復活後)としてお祝いするのですが、今月はその一つである待降節がスタートしたことになります。

さらに12月にある4つの日曜日をそれぞれ第一主日、第二主日、第三主日、第四主日とカウントし、今年は4回目の主日である日曜日が12月24日に当たる「特別な年」となります。普通の年だと別の日に行われるところ、今年の12月24日は午前中が主日のお祝い、日没後から主の降誕のお祝いが始まります。

そういえば2017年は個人的にも特別な年だったなぁ、と自分の身にも色々あったことをついつい重ねて考えてしまいます。死ぬような病気をしたわけではありませんが、自分の健康に陰りが見えた今年は、目先の慌ただしさに惑わされず、人生で大事だと思えることにちゃんと向き合わないと行けないな、と考えさせられました。

そんなわけで、このところはこれまで忙しさを理由に行けなかった教会に出向く頻度が増えました。

カトリックの教義では聖書の朗読が三年周期で行われて、A年、B年、C年と分けられているのですが、それぞれA年ではマタイ福音書、B年ではマルコ福音書、C年ではルカ福音書が朗読されます(英語呼びでMatthew, Marc, Lukeの順)。2017年12月からはB年になり、マルコの年に入ります。

そんな訳で先の主日礼拝では、マルコ13章の「少黙示録」と呼ばれる箇所が読まれました(カトリック教会では毎日世界中のどの教会でも同じプログラムで礼拝が行われるという、ものすごい統率力)。この少黙示録は「だれにも惑わされないように気をつけなさい」ということばで始まり、「気をつけて目を覚ましていなさい」ということばで終わるのですが、なんだか背筋がピッと伸びました。

キリスト教者であっても、そうでなくても、自分の心に響く真理に出会った時、このこと心して生きよう、とか思うのに、すぐに忘れてしまうのはどうしてなのでしょうね。気がつくと目を閉じて、ぐーぐーと眠っている自分がいるような気がします。

この日も例に漏れず、教会から一歩出た瞬間に物欲にまみれた生活に浸る自分が恥ずかしい限りですが、俗世に戻りました。子どもにもアドベントを楽しい記憶として刻んで欲しいという思いから、我が家では引き出し付きのアドベントカレンダーに毎年小さなキャンディーとかチョコレートを入れてカウントダウンしているのですが、最近はくじ引き大会と化しています。

去年、ふとした思いつきで「スーパーボールくじ」の抽選券を毎日アドベントの引き出しに入れておいたところ、これが子供受けしてしまい、今年は「ミニ消しゴムくじ」をリクエストされてしまいました。

なんだかなぁ。。と思いながらも、子どもたちが楽しそうにくじ引きを楽しみにする姿に負けてしまい、今年も抽選券を毎日一枚づつひくアドベントとなりました。

posted with amazlet at 17.12.04
Jakks
売り上げランキング: 6,099
posted with amazlet at 17.12.04
ブルボン (2017-10-17)
売り上げランキング: 747
posted with amazlet at 17.12.04
カルディ
売り上げランキング: 43,734
posted with amazlet at 17.12.04
カルディ
売り上げランキング: 19,283
posted with amazlet at 17.12.04
Kurt S. Adler, Inc.
売り上げランキング: 460
posted with amazlet at 17.12.04
Disney
売り上げランキング: 1,954
posted with amazlet at 17.12.04
良品計画
売り上げランキング: 3,921
posted with amazlet at 17.12.04
ロイズ
売り上げランキング: 5,774
posted with amazlet at 17.12.04
㈱オオイシ
売り上げランキング: 4,241
posted with amazlet at 17.12.04
産経ゴム
売り上げランキング: 54,898
posted with amazlet at 17.12.04
こども良品
売り上げランキング: 209,406
posted with amazlet at 17.12.04
こどもクラブ
売り上げランキング: 379,020
CHILDREN / 子供のこと, FAMILY / ファミリーのこと, Special Occasions / イベント&記念, Travel / 旅, WORK-LIFE / 仕事と家庭の両立

HK Business trip with children — Day 2 / 子どもたち同伴で香港出張 二日目

Once we passed the first day with the English speaking sitter, Day 2 was supposed to be easy.  This morning, my daughter woke up in tires, not wanting to let go with me.   She thought the day spent with the nanny was so boring and could not make any sense out of what she was saying.  I then decided to let her have my private iPhone (thank god, we got free Wi-Fi in our room).

I do not think it was a smart solution as a good parent, but it did solved many things.   Thanks to i-phone backing me up with Day 2, I was able to take off to work.

シッターさん2日目、娘は涙ながらに昨日がつまらない一日だったと訴えてきました。英語で何を言っているのか分からないし、ママがいないと退屈だといいます。

夕方になれば楽しいことが待っていると分かるよね?と言い聞かせても、半分は理屈でわかっていても、グズグズが治らない幼い子どもたちです。

そこで仕方なくプライベート用のiPhoneを部屋において仕事に行くことにしました。滞在していた部屋に無料Wi-Fiがついていたのがありがたく、日中は子どもたちのゲームやYouTube用にスマホが駆使されることになりました。

出発前は、ことばの通じないシッターさんとの意思疎通に備えて、単語カードをつくったり随分心配しましたが、結果的にはiPhoneが解決してくれたのだからスゴイことです。子どもをゲーム漬けにするので・・決して皆様にお勧めできるような立派な方法ではないのですが、以前は認識していなかった「困った時の奥の手」でした。

仕事の方は、初日は様々なテンションがあって気疲れしましたが、香港の美しい夜景を見れたことで元気が復活して二日目に望みました。

今回はヨーロッパ、アメリカ、インド、オーストラリア、日本、中国の大陸チームと地元の香港から職場の仲間が来ていて、知っている顔ぶれも多くて、楽しい要素もたくさんあります。

もちろん子どもが同伴していなければ、夜はディナーやお酒を一緒にする楽しみもあるのですが、子どもがいることを理由に自由な時間を過ごせるのは素晴らしいと感じます。

こっちにきて一つ感じたことは、香港で出会う人達には皆子ども好きが多そうだということです。なんというか気負わずに子どもに普通に優しく接してくれる人が多く、笑顔で子どもの頭をポンと叩いたり、話しかけてきたり、子どもが歌を歌っていると笑って反応してくれたりしました。

観光客も多いせいか金融の街とは思えないリラックスムードがあり、にこやかでこれには驚きました。

日本にいるときは騒々しさしか感じなかった中国人コミュニティの中に入ってみると、子どもが少々騒いだくらいでは誰一人たじろがないのもなんだかスゴイことでした。レストランで子どもが退屈して騒いだりすると、日本だったら注意されたりハラハラしますが、お店の人足しはニコニコしてあまりの余裕な態度にこちらがびっくり。