CHILDREN / 子供のこと, Education /子どもの教育, FAMILY / ファミリーのこと

地域のチャリティーイベントでの一波乱

少し前のことですが、地域の防災イベントに参加しました。この日、子どもたちの一番のお目当ては地震を体感できるトラックだったのですが、残念なことに不具合で出動せず、子どもたちは初っ端から落胆気味のスタートとなりました。

気を取り直して、防災クイズに答えたり、紙皿を折り紙風におる方法を学んだりして、カエルポイントというのを集めて、好きなおもちゃと交換してもらえるイベントに参加しました。

実はこのイベントの目玉だったのが、「カエルキャラバン」というおもちゃ交換の場で、ここに大量のおもちゃを持ちこむのが私の参加理由でした(これもポイントの対象になり、別のおもちゃと交換してもらえます)。

買うことはあってもなかぬか捨てないおもちゃ、もう遊ばなくなったおもちゃが所狭しと子供部屋を占領していたので、これを良い機会におもちゃの棚卸をしようと思い立ったのでしたが・・・。

カエルキャラバンにチェックインした瞬間、ぬいぐるみの山とガラクタの入ったバスケットの数々…が目に入りました。置いてあるおもちゃの8割は3歳くらいまでの幼児玩具で(考えることは皆同じで、使い古しのおもちゃを処分したいのですね)、小学生の娘にとっては欲しいものが何もなく、にわかに不機嫌モードが漂いました。

我が家では、もう遊ばないからと手放すことを決めたメルちゃん人形の一式はとても大切に使用した後、汚れを落とした状態で、新品のようにビニールの袋に入れて、次の持ち主の所に行く準備をしてきたのです。ところが目の前に広がるガラクタ感の漂う玩具の山とはあまりに落差があるではありませんか。

マーケットの基本は等価交換。納得のいかない娘はプイッとどこかへ行ってしまいましたが、この態度と対象的だったのは息子でした。「ママ〜、たからもの見みつけたよ!」と、前になくなった雑誌の付録(本当は私がこっそり捨てました)と再会して大喜び。

その後もガラクタの山を面白そうに見て回っては、既に製造中止になっているウルトラマンジードのグッズ(ある意味プレミアム商品)やピストルなどを楽しそうに手に取り、四点をお買い上げ。

そうこうしているうちに、我が家が出展したおもちゃは即座にオークションの目玉商品になりました。子どもたちがそれぞれ集めたカエルポイントを手に入札をして欲しいおもちゃを手に入れます。

息子はスーパーマリオのよく分からないおもちゃが欲しいと言ってオークションに参加しました。「あなたのポイントは48だからね」と教えるや否や、「はい!48!」と最高値を入札する始末・・・。

おいおい(⌒-⌒; )

隣の男の子が「100!」と倍増したため、周りがついていけず、あっけなく競り負けてしまいました^_^。(「200!」と言いそうになる息子の口を慌てて覆って口封じ)。

そしてその後、私たちの寄贈品のオークションが始まりました。三人の女の子と一人の男の子(妹のために参加したようす)。10ポイントから始まり、じわじわと値段がせり上がります。その間、小学一、二年生くらいの女の子に私の目が釘付けになりました。なんというか「絶対にこのお人形セットが欲しい!」という強い意志が伝わってきて、いつしか心の中で応援していました。

最終的に、その女の子と男の子がじゃんけんで決めることになり、その子がめでたく勝利🏆。本当に嬉しそうな顔をして喜んでいて、私も幸せな気分になりました。

そして帰り道…「ママ、カエルキャラバンに連れて行ってくれてありがとう。サイコーのたからもの、4つもゲットしたよ」という息子。(この子はどこに言っても本心から楽しそうにするので天性のキャラだなと思います。)

その横を仏頂面して無言で歩く対照的な娘(こちらは何かと感情の波が高いのですが、手のかかる子ほど可愛いというか、大変な分思い出深いことが沢山あります。恐らく今回のイベントもその一つ)。

「ねぇ、あの女の子の嬉しそうな顔見た?あの子ならお人形セットをすごく大事にしてくれると思う」と私が声をかけた瞬間に、娘の目から大粒の涙が溢れ、「私には欲しいおもちゃが何にもなかった。何にも楽しくなかった!」と言ってしゃくりあげてしまいました。

まだ6歳の娘にとっては一方的に悔しいだけの経験となってしまったようでした。

家の中に遊びきれないほどのおもちゃがあることを幸せに思おうよ、港区消防局から頂いた大量の防災グッズもあるし、これで遊ぼうよ、となだめつつ帰宅しました^^。

きっと神様が見ていてくれて。クリスマスにはステキな贈り物が届くからね〜。

CHILDREN / 子供のこと, Education /子どもの教育, FAMILY / ファミリーのこと

There is no such love like mother’s … / 親の心子知らず…でもまっ、いいか

By the time we truly grow up and realize how much love we get from parents, mother, feather or someone equivalent, they are often too old or deceased.  It is kind of sad to put it that way, but maybe it is all right.  Now that I have my own children, I would never expect them to thank me for what I did.  I do things for them as I want to, not that I want them to do anything back to me.

この日、前夜から発熱した息子のために朝は幼稚園の登園を見送って仕事を休むことにしました。

いつも来てもらっているシッターさんは急遽キャンセルして、インフルやノロの可能性に備えたのでしたが、結果的には大したことなく、午後には熱も引いて食欲も出てきたのでした。

だったら午後の習い事には行けるかな、とバレエバッグを持って出かけようとしたところ。。。最近、習い事のたびに泣きが入る息子が、グズグズモードに突入…。

2週間前には体操のクラスで大泣きして、「体操はつかれるから嫌だ」。

一週間前にはペーパーのクラスで大泣きして、こんなことやりたくない(直前までやっていたゲームを取り上げられて不機嫌モード)。

この日はバレエにはいじめっ子がいるから行きたくない、と言い出す始末でした。

思い返すこと1年半前、娘の受験のために息子にはiPhoneを渡してずっとYou Tube をヤラセっぱなしということが続き、ともすれば楽に流れ、根性が鍛えられていない駄々っ子が出来上がってしまったような気がします。

一方で、まだ小さい子どもの習い事というのは本人が習いたいと言ったわけでもなく、仮にそう言ったとしても深い考えなしにフィーリングでやると言い出したことだったりして、どこまで強制力を持ってやるべきかは悩ましいところです。

ですが物事にやはじめ時と同じく、やめ時と言うようなものがあり、「今日はなんとなくやりたくないから辞める」というのは、悪い辞めグセがついてしまいそうです。

しかも習い事というのはそれなりにお金もかかるし、時間や送迎の手間や、先生や他の保護者との関係など、面倒くさいことも多いものです。親としてはいろんな障害をクリアしていろんな体験をさせてあげたいと思ってやっているのに

「お母さま、習い事をさせてくださってありがとう」とでも言ってニコニコ通ってくれるならまだしも、「嫌だぁ~、やりたくない」などと駄々をこねられると、「だったら全部辞めてしまえ」と突き放したい気分になってしまいます(ため息)。

「オレ、本当はサッカーやりたいんだよね」と息子。聞いてみると、毎朝幼稚園の園庭でサッカーをしていて、時々シュートを決めて恍惚感に浸っているようです。サッカーなんてのは鼻水垂らした子どもが大勢で路地裏でやるスポーツだから、勝手にやっていいよ、と私。年長になると近所の小学校のサッカースクールにも入れるし、どんどんやってという感じなんですが、

「たった3ヶ月で、しかもいじめっ子がいるから行きたくないというヘタレにサッカーなんてできるの?」と本人に聞くと、さすがに恥ずかしいと思ったのか、ヘラヘラと笑い出しました。「ウソウソ、来週はやるから。でも今日はやりたくないってこと」

と、こんな押し問答をバレエ教室の入り口でしていると、バレエ団の結構有名な男性の先生が出てきて私たちのやりとりを聞かれてしまいました。「どうしたの?レッスンするなら、ドン・キホーテのあのカッコイイポーズを教えてあげるよ」

げっ!現役のバレエ団のソリストにこんなことを言ってもらえることがどれほど幸運なことなのか、全く理解していない息子は「いやだ、いやだ」とかぶりを振り、先生のことをガン無視して駄々をこね続けました。

結局、根負けして、この日はレッスンを受けずに一時退散。その後、娘のクラスまで時間を潰したのですが、娘もなんだか気分が悪いとか言う有様で、季節柄、感染症の疑いもあって無理強いはできず。。授業料だけ無駄に納めて帰ってきました。

くーっ(悔し涙)。なぜこんな苦労をしてまで、子どもに思いを踏みにじられるのでしょう。

せめて記念撮影ね、と撮ったのが上のクリスマスツリーのショットです。仕事を休んでまで子どもの体調を気にかけ、習い事の送迎までやったのか、と悲しくなります。

いやほんと、やる気ないなら辞めてください。授業料もったいないし。

ところが、かつて同じようにバレエ学校の登校拒否をしたにも関わらず、今では同年代のお友達との関係が楽しくて仕方ない様子の娘いわく、「(おとうとの)気持ちは分かるよ。説明はできないんだけど…。でも今は私はバレエすごい楽しいから、続けさせてくれて、ママどうもありがとう♡」

どうも時差があるようです。

こういう展開もあるので子どもの習い事の辞めどきというのは益々分からなくなっています。

子どもから「ありがとう」と言ってもらいたくてやっているわけではないけれど、せめて楽しそうに通ってくれないかな、と思ったこの日でした。

BLOG / ブログ, CHILDREN / 子供のこと, Education /子どもの教育

6 year old birthday party – entertainment

At the birthday party for my 6 year old daughter, we did games, lottery and bingo.   One that was well received was the story telling for shogakkou, grade school starting.  The 6 year old who were our guests are soon graduating prep schools.

先のお誕生日会でやったお遊びの数々。

  • ひもくじ: これはアマゾンで昔買ったことのある「1000本ひきですが60本引きです」という商品の箱と紐をリサイクル。新品のものは2500円ほどと安価でしたが、マスクやメモ帳など、100円均一の売れ残りのような者が多かったので(それでも子どもには人気でしたが)、商品を全て駄菓子に置き換えてみました。ひもくじの横に、ストライクアウトというボールあてをおいて、一定のスコアを出した人だけ最高5本までひける仕組みにしてみました。
  • ガシャポン: 息子がクリスマスにもらったプレゼント。クリアケースにお菓子などを小分けにして、一人一回づつ遊べるようにして壁際に設置。早めに来た子や、ひとしきりゲームで遊んだ子が遊んでいました。
  • クレーンゲーム: 娘がクリスマスにもらったプレゼント。ちょうどよい大きさのものを探していて、ネット通販で「光る指輪」を見つけました。女の子たち、大喜び。
  • あみだくじ: ひとり2回づつエントリーして消しゴムくじを当てました。くじは一度に2枚から3枚当たるようにして、ミニ消しを5-6個づつももらえるようにしたところ、目当ての物を当てようと、必死になる子どもたち。まだわけの分からない妹軍団は、引いた番号とは違う消しゴムが欲しいと言い出し、優しいお姉さんお兄さんに交換してもらっていました。
  • 紙芝居: 童心社の紙芝居グッズが家にあったので、この日のために、新しいお話二作品を追加(アマゾンまたは童心社サイトから一作2000円以下で売っています)。この春には小学校にあがるお友達が多かったので、『さよならおめでとう』という幼稚園の卒園がテーマのお話と、『たぬきのにゅうがくしき』という小学校の入学式にたぬきの親子が化けて潜入する楽しい物語をチョイスしてみました。
  • ビンゴゲーム: 言わずもがなのパーティゲーム。パーティの後半にキラキラ粘土を何種類か商品にしての争奪戦。

流れとしては、お昼過ぎに元気いっぱいで集まった子どもたちの目に最初に止まったのは、ボールあて(ストライクアウト)。これでお菓子をいくつかもらって機嫌よく食べ始めていると、ケータリングが届き、少し遅めのランチがスタートしました。

大人たちが準備している間、子どもたちは、ひもくじ、ガシャポン、クレーンゲームを一周りして、大騒ぎです。

ランチを食べた後、私があみだくじ大会を宣言。子どもたちが群がる中、ミニ消しを求めて争奪戦となりました。

一段落したところで、バースデーケーキが登場。子どもたちはにわかにママたちからプレゼントを出してもらい、娘の周りにスタンバイ(こういう手順になっていたとは。。プレゼントを渡すタイミングってケーキの後なんだ、と先日お呼ばれしたお誕生日会でいの一番に手渡してしまったことを恥じたのでした)。

ママたちはコーヒーとティーを振る舞い、子どもたちが少し静かになったところで、紙芝居タイムにちょうど良さそうな雰囲気になりました。

「紙芝居がはじまるよ~」と、拍子木を打ち始めると、「それやりたい!」という子がいて、「おしずかに~。カン、カン、カン!」とお手伝いしてくれました。「もう来月には皆さん、大好きな幼稚園ともお別れですね・・・」と先生役の名前を子どもたちの先生の名前に置き換えてナレーションすると、最初はゲラゲラ笑っていた子どもたちもだんだん悲しそうになってきました。

「でも!小学校に元気に通い始めたある日。。。」お姉さんになった子どもが幼稚園に遊びにいく場面になると、にわかに活気づき、これからくる春という季節のハイライトが少し伝わったようでした。次に、お話したのは小学校の入学式の紙芝居。これはユーモア満載のストーリーだったので、「楽しみですねー、小学校!」という雰囲気で締めくくり。

最後に大ビンゴ大会をして、パーティのプログラムは終了。

ケーキを食べてコーヒーを何杯かおかわり、(ワインとチーズも準備しましたが、この日のゲストは車だったため・・・・)、2時間ほど子どもたちは子供部屋でキャーキャー遊び、ママ同士の話もたくさんできて、大変満足の行く進行となりました。

このパーティの後、お誕生日会のライングループができ、近隣の小学校に通う保護者のつながり(ゲストには娘と仲がよくて進学先地域に近いお友達を選びました)ができて、このネットワークはパーティの産物でした。

 

1000本引きですが60本引きです
リブレ
売り上げランキング: 4,918
紙芝居ひょうしぎ ([教育用])
童心社
売り上げランキング: 97,862
さよならおめでとう (卒園・進級かみしばいみんなおめでとう)
千世 繭子
童心社
売り上げランキング: 1,496,926
たぬきのにゅうがくしき (ともだちだいすき)
桂 文我
童心社
売り上げランキング: 1,555,954
(紙芝居)松谷みよ子民話珠玉選 全5巻
松谷みよ子
童心社
売り上げランキング: 1,756,264
紙芝居ベストセレクション第1集(全10巻)
童心社
売り上げランキング: 490,153
紙芝居ベストセレクション第2集(全10巻)
童心社
売り上げランキング: 512,884
ディズニー トイ・ストーリー スペースクレーン
タカラトミー (2013-11-14)
売り上げランキング: 2,551
バンダイ公式 ガシャポンマシン
バンダイ (2016-08-12)
売り上げランキング: 2,055
【10個売り】48mm空カプセル4色アソート10個
Chappy
売り上げランキング: 1,764
ディズニー プリンセス ティーパーティーセット
タカラトミー (2012-11-23)
売り上げランキング: 159,666
ビンゴネオ

ビンゴネオ

posted with amazlet at 17.02.18
ハナヤマ
売り上げランキング: 934
THE デジビンゴZ(ブラック)
ハナヤマ (2015-03-12)
売り上げランキング: 1,477
ディズニーキャラクターズ ビンゴカード50
ハナヤマ
売り上げランキング: 19,084
サクライ(SAKURAI) マジックナイン EFS-180
サクライ貿易(SAKURAI) (2006-06-05)
売り上げランキング: 6,847
キラキラこむぎねんど ラメ入り6色
シルバーバック
株式会社シルバーバック
売り上げランキング: 1,592,853
キラキラこむぎねんど ラメ入り9色
シルバーバック
株式会社シルバーバック
売り上げランキング: 1,365,170