Good sleep items

先月はMBAについてまとめて記事を書しました。今月は子育てと起業のことを中心に書こうかなと思っています。共通のテーマはマルチプロジェクトの同時進行で、かつどちらもきちんと向き合わないといけない真剣勝負です。

今日は睡眠のことについて書きます。当たり前ですが、睡眠は本当に大事です。でも忙しくなると真っ先に犠牲になるのも睡眠だという気がします。MBA履修中は、平均睡眠時間が5-6時間だったので、自分の中ではこの辺りが限界水域ということはなんとなく分かっていました。ただし、昼夜を逆転させるとどうなるかについては。イギリスに来てからしばらく人体実験をすることになりました。

現在、イギリスで起業を準備する傍らフルタイムワークを兼務しているのですが、渡英直後は時差の問題で深刻な睡眠不足に陥りました。なぜならそれまで日本でやっていたアジア圏の仕事をイギリスに場所を変えて継続したため、深夜から明け方のコールが続出し、朝に子どもたちを学校に送ったあと、更にしばらく仕事を続け、ようやく寝るのが正午前。午後3時には子どものお迎えで起きなくてはならず、子どもたちが赤ちゃんだった頃に体験した断眠状態となってしまいました。

何とか昼寝などをすると起きることはできるのですが、何だかいつも疲れが抜けず…頭が働かない状態になり、これはまずいと思いました。これまで自分は頭の働くゴールデンタイムを仕事に振り分けていたんだな、ということを実感して、何とかフルタイムの仕事をこなしながら、起業にもフォーカスタイムをあてがわなければ結果が出せない、と焦っていたのが昨年の年の瀬でした。

今年に入り、夜中のコールが入る時は明け方を空け、朝が忙しい時は夜を空けることで、どちらかの時間帯に寄せて睡眠を最低5時間、中断せずにとるように心がけてみると、みるみる状況は改善しました。やはり断眠はよくないのですね。

その後、あれこれパターンを試し、自律神経系の情報についても勉強して、何とか睡眠のペースを取り戻すことができてきました。この通りブログ等を含む発信にも時間を割けるようにもなり、起業のための自己管理の体制も何とか整ってきたところです。

そんな折、最近中田敦彦さんが、YouTubeで「朝5時起き5時間快眠法」というのを紹介されていました。

自分の体でも人体実感して納得しました。きちんとやれば、睡眠5時間で生産性を下げずに活動できそうです。ご興味のある方は税参考にしてみてください。私はとてもためになりました。