BLOG / ブログ, Leisure&Travel / レジャー&旅行

Shusaku Endo Memorial (the writer known for the movie ‘Silence’ ) / 遠藤周作文学館と沈黙の碑

If you a fan of the movie ‘Silence’ (directed by Martin Scorsese), this is a recommended place to visit for having a feel of what was described in the movie (but the location is inconvenient). This memorial was dedicated to Endo and his literature, but what is very special about this place is where it is built. It stands in an isolated place and in the ocean front. When this spot was found, the writer was allegedly very pleased as the scenery was so perfect as if it came out of the movie of Christian martyrdom hundreds of years ago.

To embrace his work, people put the monument (the last picture of this post) not very far from this museum. On the stone, the famous line from his literature was craved in: 人間がこなに悲しいのに 主よ 海があまりに碧いのです(with much sorrow on human being, Lord, why is the ocean so azure. When this monument was placed, it was called into questions by the local Christian community who protested against his work through which the writer tried to speak for ”the weak” who could not surrender their lives for the religious faith. I am glad this monument was not torn down. Being an art form, literature should have freedom to speak for ordinary people who are nit religious heros.

長崎東出津にある遠藤周作記念館です。別の日に見たフランス人神父がもたらしたド・ロ壁に似ています。長崎の人にとってはキリシタン文化の一つなんでしょうか。

こういう寂しげな海に面して人気のない場所に建っているので、交通の便は不便でした。私たちは外海のキリシタン跡地を個人のタクシーツアー(光富タクシーさん)で回りました。光富さんには、後日に風頭公園、亀山社中、シーボルト記念館に連れて行ってもらいました。

バスチャン屋敷跡といい、遠藤周作文学館といい、通常はあまり回らないルートということで、ハードなキリシタンファンだと思われてしまいました。余談ですが、個人でハイヤーするときは事前にネット予約して、直前に確認メール、当日は新券を封筒に入れて1日の初めにお渡しします。これだけでも現地でのサービスが違うような気がします。

遠藤先生の机。パソコンのない時代に手書きの原稿がたくさん残っていてすごい。

文学館は聖堂のような雰囲気で、人気が少なく聖歌が流れていました。

地元で物議を醸し出した「沈黙の碑」。「人間がこんなに悲しいのに 主よ 海があまりに碧いのです」という作中の有名なフレーズが刻まれています。棄教者の言い分を取り上げて石碑まで作るのは許せないという人や作家自身が棄教したことをごまかしているという厳しい意見もあり、キリスト教に対する許しがたい冒涜だと位置付ける人もいます。

ただの文学論であれば、三島由紀夫好きか太宰治好きかで済みますが、こと宗教が絡むと批判も辛辣ですね。人間がいかに矛盾に満ちた存在で、文学者としてその深淵に想いをめぐらして書かれた様々な遠藤文学から考えさせられることはあまりに多く、白黒つけたがる原理主義者の頭の中はさぞかし単純にできているのだな、と思ってしまいます。

遠藤先生曰く、「文学者の言うことをあまり真面目に受け取らんでください」ということで。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中