School performance ‘Wizard of  Oz’ / 学芸会で「オズの魔法使い」

ことその秋口に娘の小学校で学芸会があり、一年生たちの出し物はは「オズの魔法使い」でした。

事前にやりたい役のオーディションがあり、なぜか犬の役が一番人気だったというから不思議です(子ども曰く、「だって可愛いんだもん」)。娘は妖精の役になり、この日のために準備した衣装を着て頑張りました。

さて、当日は早めに行って席取りをしようと思い、事前に優先席を段取りしていたのですが、息子がなかなか起きてこず、さらに学校までノロノロ移動するので、開演ギリギリに入場するというハプニングからスタートしました。

下手をすると舞台を見ることさえできなかったところでしたが、なんとか滑り込みセーフできたものの良い席なんて全然残っておらず、ビデオ撮影エリアにはお父さんたちがひしめいていて、撮影はほぼできませんでした。

こうなったら我が子の晴れ舞台を心のカメラに焼き付けるしかありません。

それにしても世の中の親たちは皆協力して子どもの行事に参加しているのに、なぜ我が家はいつも母子参加なのでしょうね。

後から聞くと学芸会は三年に一度しかなく、展覧会、音楽会と三つの行事を三年一サイクルで回すということが分かりました。そんな貴重な学校行事だったのに、撮影できなくて残念でした。

てすが娘にとってはみんなで舞台を作るというとても良い経験をしたようで、感想文もしっかり書けていました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中