Relationships are hard universally / 家族や夫婦の関係は世界のどこでも難しい

I sent flowers to one of my friends and coworkers on her birthday.  She has a longer career at a professional service firms and has been as a working mother of teenage boys.  Over the years, she had this painful relationship in her marriage by not getting much household support from her husband who (was already guilty on this charge alone) did have nerve to devote himself in an affair with someone somewhere.  People around them (incl. myself) thought they will be separated soon, but then she decided to put her life together by keeping her family in one place.   It was a smart decision but takes touch choices.  Keeping a happy relationship is such a tough business.

仕事で昔一緒に働いていた先輩女性のお誕生日を皆でお祝いすることになりました。

とても成功している人にものを贈るとき、自分で買えないものはあまりないでしょうから、何を贈ろうか悩みます。大抵は高級アロマグッズかブーケになってしまいます。

さて、この日も綺麗な色のお花を見繕って大きなブーケにしてもらったのですが、行き先は長年の友人であり、仕事もワーキングマザーという立場でも先輩の女性です。10年前に子どもたちがまだ5-6歳の頃にご主人の転勤に付き添って言葉の通じない日本にやってきた彼女は、プロフェッショナルサービスの業界でパートナーとして年間売上のノルマというプレッシャーを抱えて長年頑張ってきた一流のキャリアウーマンです。

でも、家庭内ではいろいろな悩みが尽きず、これまで離婚が秒読みに思えたことも何度かありました。でも、子どものために何とか家庭を壊さず、決断を先延ばしにするという英断をしたことを知り、心の中でエールを送っています。

お金もあり、住み込みのシッターも雇えて、一人でなんでもできてしまう女性でも(あるいは、だからこそ)母親の立場になると子どもたちの人生を抱えてしまうわけで、事はそんなに簡単ではなくなります。

女性が自給自足を達成できると、男親が最低限必要なのは子づくりとお受験だけのように錯覚しがちです(そして、これはあながち間違ってはいない)。でも、子どもにとっては良い父親だったり、少なくとも父親としての存在が家庭内にあることで保たれているいろんなバランスがあるのですよね。お父さんの代わりはデパートで買ってこれない訳で…そして人間というもの、一つの問題が解決すると次の問題が浮上してくるものなので、現状の不満と慣れ親しむのも一つの解決策ではあります。

あと5年もすれば彼女の子どもも大学生になり家を出てアメリカの大学に行くそうで、また生活や考えが大きく変わりますね。聞けば、彼女はマンハッタンとロスに家を持っていて今は賃貸中。職場での退職金も受給権が発生しているので老後はお一人様になっても安泰でこれまた頼もしいです。

常日頃思うのですが、仕事を持っている女性は、収入という社会的に認知されたポジションにあるうちに、不動産の一つ、二つは持っておくとよいですね。与信力さえあればノーキャッシュで不動産ローンを組むことができ、月々の賃料収入でローンを返済していけば自分が退職する頃にはローンが完済。後は収益物件として退職後の生活を助けてくれます(あるいはその物件に住むことができます)。社会的信用度の高い職業についている人ほど、それを利用しないのはとてももったいないと感じます。

もちろん購入時期と購入価格は慎重に選ぶ必要があり、高値で掴まされて購入後に資産価値が落ちると、オーバーローン(価値の下がったものに対して過剰なローンを支払う義務を背負ってしまう)状態になってしまうリスクはあります。その辺りは調査を念密に…。次に東京の不動産市況が悪くなったら、次は中古物件を安く手に入れて、リフォームをかけてバリューアップして賃貸する、とかやってみたいです。

上の友人が持つようなマンハッタンのマンションやハワイのコンドミニアム投資など。。時々食指が動きますが、外国の不動産を持つと確定申告義務が生じたりするので面倒です。男性投資家はベトナムやインドネシアなどアジアに不動産を買って、日本で受理した退職金を生活費の安い外国で有効につかってリタイア生活をしたがりますが、なんというか金銭的なリターンだけで決めることこそリスクが高い選択に思えます。(素人投資家の私はいざとなったら自分が住んでも良いと思える物件しか買いません、というか怖くて買えません)。

と、話がそれてしまいました。持つべきものはキャリアと老後の資産、ということで。

Millefiori SELECTED フレグランスディフューザー S アイシングシュガー SDIF-S-001
エトランジェ・ディ・コスタリカ (2011-10-18)
売り上げランキング: 32,237
millefiori(ミッレフィオーリ) selectedフレグランスディフューザーS SDIF-S-008 オレンジ
Millefiori NATURAL FRAGRANCES フレグランスディフューザーS グレープフルーツ DIF-S-003 7MDPO
エトランジェ・ディ・コスタリカ
売り上げランキング: 50,238
Millefiori NATURAL FRAGRANCES フレグランスディフューザー専用リフィル 250ml サンダルベルガモット DIF-25-017
Millefiori NATURAL FRAGRANCES フレグランスディフューザー専用リフィル 250ml マンゴ&パパイア DIF-25-004
エトランジェ・ディ・コスタリカ
売り上げランキング: 55,969
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中