Kids friendly service at Island Shangri-La in Hong Kong / 香港シャングリラホテルで受けた最高のファミリーサービス

I was a bit anxious about this whole trip, to take my 5 and 6 years old overseas and place them under nanny’s care at hotel. Shangri-La in Hong Kong had Japanese speaking staff on a daily basis to pay special attention to them during our stay, and I am so thankful.

On a check-in day, we got a special room arranged with access to the executive guest lounge, where free drinks and snacks are served all day (this was very helpful with the nanny situation we were in). Then we received a fruit basket, kids gifts and a box of chocolates. Later that day, chocolate chip, gummy bear and a warm note arrived.

True, I had to pay a lot of money to hire a babysitter for 3 days through the hotel, but it was surprising that the hotel staff knew about us and were all so supportive wherever we went in that hotel. On the check out day, they arranged a hotel rep to wait for us at the airport to carry our luggage to check in and to immigration. Such hospitality was just beyond my expectation. What they offered was fabulous services to facilitate our difficult journey.

いやほんと、こちらのホテルには本当に筆舌に尽くしがたいキッズフレンドリーな対応を頂きました。

五つ星ホテルでお値段も立派ではありますが、香港のシャングリラはパリやロンドンほど高くはないのにホスピタリティの真髄に触れる経験をしました。

先ず、毎日日本語スタッフが声をかけてくれて、チーム連携をとって子どもたちに非常に良くしてくださいました。チェックインの日に普段は稼働率が高くてなかなか取れない(らしい)上層階の部屋を空けて頂き、一日1500円ほどのプレミアムを支払うだけで朝食や一日中各種ドリンク、アルコールや軽食がとれる豪華なエグゼクティブフロアへのアクセスをくれました。

後から考えると、昨年パリに行ったときに入っておいたシャングリラの滞在者カードに登録があったので、リピータ-扱いしてくれたのかな?と思います。せいぜい半年に一度くらいしか出張をするくらいなので手続きが面倒くさいと思ってイヤイヤ入りましたが、一見さんではないことを証明するとこんなに違うのだと目からウロコです。

さて、ホテルでのシッターさんとの生活が3日間あった私たちにとって、これは非常にありがたいことでした。ホテル滞在にも関わらず、いつでも手軽にフルーツやスナックにありつけるという設備は、小さな子どもがいると本当に重宝します。しかもめちゃゴージャスなラウンジで香港の景色を眺めながら立地な気分に浸れるという、普段の子付き生活ではなかなかできなダブルディッピングでした。

そして、チェックインしたその日には、可愛らしい子ども用のバスグッズやバスローブ等が届き、いつものフルーツバスケットやジャスミンティーサービスに加えて、チョコレートボックスとGummy bear のキャンディーボイックスも頂きました。毎日おやつの時間にはチョコレートチップスが届けられるのでした。

何よりも驚きだったのは、出発の日の朝、息子が前夜に興奮しすぎてなかなか起きてくれず、空港行きのタクシーに乗るときに眠りこけてしまったのをみて、ホテルの人が空港にいる別のホテルスタッフをスタンバイさせてくれて、帰国便のチェックインの手続きなどを全て手伝ってくれたことでした。

手荷物を幾つかダンボールに詰めてテーピングまでしてくれたりと至れり尽くせりで、「こんな小さな子どもを二人も連れて本当に偉いですね」とリップサービスまでしてくれて・・・、いやほんと中華圏のサービスの高さをこれまで過小評価していた自分が恥ずかしくなるくらい、助けて頂きました。

 

お金を出せばいくらでも良いサービスが受けられるということの典型なのかもしれませんが、いやほんと、良い気分で滞在して帰国することができました。出発前の杞憂は全てウソのように消え失せました。

実際のところ、日本に帰ってからの厳しい現実にうんざりしてしまう自分がおります。疲れていても自炊しなければならず、片付ける端から部屋が汚れ、誰もベッドメーキングをしてくれず、学校だ習い事だと送迎やら仕事やら、「あーそうだった。香港滞在は夢の一週間だった」と今更ながら気づくのでした。

あの夢のラウンジがあればなぁ、と天井を見上げる毎日です。

 

ミセス・デイジーの香港スイーツ
洪 翠娟
文化出版局
売り上げランキング: 250,649
香港行ったらこれ食べよう!: 地元っ子、旅のリピーターに聞きました。
清水 真理子
誠文堂新光社
売り上げランキング: 3,097
香港甜品―デザート

香港甜品―デザート

posted with amazlet at 17.09.25
謝 華顕
柴田書店
売り上げランキング: 247,450
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中