2018 time planner / 来年の手帳を買いました

Bought 2018 calendar.  Annual meetings, conferences, travel appointments start taking place in advance.  I almost love to carry the moving schedule to show 24 months.  But it comes with weight as I like the paper form to keep my and family schedules all in one place.  I use MS Outlook for work, Google Calendar for private, but I still need everything on the paper calendar.  I wonder if I would ever move to digital for time management.

最近は半年先の予約も入るようになってきて、来年の1月はじまりの手帳を買いました。

もう何年もアクションプランナーを使っていて、もうほかのものを見ることもなくデフォルト購入です。毎年増えていくカラーバリエーションや素材のオプションも豊富で満足しています。

私にとって使い勝手の良い手帳とは。。

  • 月曜日始まりである
  • 土日にも平日と同じだけのスペース分配がある
  • 1月はじまりである(この手帳は11月第4週目から始まるので手帳の切替時に重宝します。)
  • システム手帳のようなリングがない
  • 日本の祝祭日が記載してある
  • ガントチャートがある
  • 見開き一週間である
  • ソフトカバーである
  • 軽量で、小さすぎず大きすぎない
  • 罫線が濃すぎず薄すぎない
  • カラーバリエーションからその年の気分に合ったものを選べる

これを全て兼ね備えた手帳ってなかなかないのです。

アクションプランナーは全て兼ね備えていますが、更に改良してもらえると嬉しい点は

  • 手帳の重複期間が+3ヶ月ほどあるとより使いやすい(9月始まりで12月終わる15ヶ月版)*切替時に二冊持ち歩きたくないので
  • 見開きマンスリーのページも欲しい
  • 後半の自由記載ページがあと数枚余分に欲しい

これくらいのものです。

デジタルやAIの時代にいまさら紙の手帳かと思われるかもしれませんが、いざという時にすべての予定やTo Do が一箇所にあって、一週間をまとめて俯瞰できるということは、頭を整理する上で便利なのです。またそこに書いたり線をひいたりすることで記憶にも残ります。

ご興味のある方は、佐々木かをりさんの手帳術と併せ読みがお勧めです。

手帳=自分の人生の台本、だそうです。実務的には、将来の予定とTo Do 管理を一元的に管理できる手法が私にはとても役立っており、自分と二人の子どもの3人分の予定を全てこの一冊で管理できています。

 

佐々木かをりの手帳術
佐々木 かをり
日本能率協会マネジメントセンター
売り上げランキング: 148,395
自分を予約する手帳術

自分を予約する手帳術

posted with amazlet at 17.09.04
佐々木 かをり
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 102,926
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中