Amazing fireworks in Nagaoka / 今年も長岡花火へ

It takes 4 hour drive from Tokyo, and is completely worth the effort to experience the art of fireworks in Nagaoka. I hear there were over 1.06 million people this year who hit that spot to see the fireworks over 2 nights.

The parking lot was packed, but there were a plenty of unsold premier seats, which seemed a hard sell, because unlike Tokyo, there are not many tall buildings and objects to block the sky as a canvas, so many can simply enjoy it by simply seated along the Shinano river. We were among the silly group from Tokyo who were happy to pay for the premier seating.

今年も8月初旬に新潟県まで足を運び、長岡大花火を見にいってきました。

先日書いた、「頑張れなくなる薬」を服用している割には、ペースダウンしない自分が恐ろしいですが、「田舎に行くこと」=「スローライフ」と定義付けて正当化してしまいました。

思い返すこと2年前、まだ3歳になったばかりの息子と4歳の娘を連れて、果敢にもこの地に花火を見にきた時の大変ったこと!信濃川沿いの土手をバギーを引きながら、のろのろ歩きの娘を見失うまいと気遣いながら歩いて観覧席に着いた時には汗だくでした。

2年分の成長を遂げた今、ピクニックシートなどを片手に持って、かき氷を食べながら楽々と土手を歩いて着いてきてくれる子どもたち。

大きくなったなー。人間の成長ってすごいなー、と花火を見る前に感動しました。

インターチェンジにつくたびにあれが食べたい、これが欲しいとうるさくはなりましたが、出先で突然眠りに落ちたり、駄々をこねることがなくなっただけで、一気に遠出のハードルが下がりました。

思えば、そもそも最初に長岡に行ったのは、子どもたちを乗せたバギーのハンデがないくらい田舎まで行って立派な花火を見たいと思い立ったからでした。東京で見る花火はよっぽど場所がよくない限り、ビルが邪魔をしたり、場所が遠かったり、あと人が多すぎて、二、三回行ってゲンナリしてしまったのでした。

どうせ遠出するなら日本一の花火を見ようと思って調べると、長岡(新潟)、土浦(茨城)、大曲(秋田)と出てきましたが、秋田は遠出に過ぎる感じがし、茨城は近過ぎる気がして、当時は適当に長岡をんだのでしたが、結果的にはなかなかグッドチョイスでした。

特に大曲の花火は駐車場から一時間以上もかけて歩くらしく、今年はともかく二年前だったら確実にドロップアウトしていたに違いありません。

旅行好きの私にとって、子どもたちがベビーの頃はなんとも言えない閉塞感がたまらなく嫌で、「旅に出たーい!」とシャウトしたものでした。今でもなかなか行きたいところには行けませんが、少しづつ成長してくれて嬉しいです。

さて、花火は筆舌に尽くしがたいほど素晴らしく、場所のせいか以前に見たよりも大きな気がしました。やはりライブの迫力は凄くて、夜空を埋め尽くすような大輪の花火と大音量が体に染み入りました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中