Mobile phone for small children / 小1の子どもにキッズ携帯を買ってみました

We got a kid’s cellular phone for our daughter starting her grade school next month.  It has 4 speed dials (with 50 phone numbers in a roaster) with a simple email setting.  It is also workable with this small device (separate unit) to be set at home or other places for detecting the cell phone coming and going out of home (email gets sent to parents’ email addresses).  On the first day of purchase, my daughter started sending me lots of emails and stamp.  Amazing that a small child picks up stuff like this so quickly.

 

小学校に通い始める娘にキッズケータイを買いました。

親がDocomo なので、ファミリー加入したのですが、Fujitsu 一択(他のメーカーの機種が出ていない)。Fujitsuの中では一つモデルの古い1円携帯か、1万円弱の今のモデルかの選択でした。

今のモデルが全身ゴム製(一つ前モデルはプラスチックで、デザインはこちらの方がスマート)。何かとものをよく落っことす子なので、ゴム製の方を選びました。いずれにしても月々500円ほどの使用量でファミリー間の通話は無料です。小学生も中高年になるとスマホやガラケーを持つようになるので、小さなマーケットで、しかも課金のターゲット層でもないのでメーカーにも旨味がないのですね。

さて、我が家では、4月からは小学校が終わった後に娘を民間学童に送迎してもらうようになるため、当面は幼稚園時代とさほど変わらない生活なのですが、私の在宅日には朝晩を一人で小学校に通うことになるので、日中に連絡をとる手段(特に子どもから親への連絡手段)があるとよいなと思いました。まぁ、最初はスピードダイアルだけでも使えたらいいや、と思っていたところ、今どきの子どもはスゴイ。

キッズ携帯はメールの定型文が10本程登録してあり、自由に加工もできます。「でんわして」、「かぎがない」、「いまかえる」など簡単なメール定型文を選んで登録先の電話番号にショートメールを送れるようになっています。

定形メールの使い方を教えたその日のうちに、「わ、めーるぜんぶけしちゃたよ」とか、「ママすきだよ♡♡♡」とか舌足らずだったり、スタンプ付きのメールがくるので、聞いてみたところ、メールの文章を自分で作成したというので驚きました。50音リストを開いて、自分で打ちたい文章を作成できた方が圧倒的に自由度が高くて楽しいはず。

ところが三日目くらいになると、「ねぇ、ママ。この電話では写真も取れないし、ゲームもできないってこと?」と機能の制限に気がついた様子です^^。

そうそう、これからキッズケータイを加入される方は、ご自身の加入プラン(無料解約のできる月)に併せてキッズケータイを合わせる旨、ご検討を。

我が家はバラバラにしてしまったのでちょっと不便です。親の電話会社と子どもの電話会社がずれると、月額料金が少し上がり(といっても数百円ですが)、無理やり解約すると1万円切替のタイミングで電話会社のサービスデスクに出向くもの手間ですね。どうしても4月にほしかったので契約してしまいましたが、我が家はしばらくはドコモかな。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中