Getting ready for a ballet class / バレエクラスの準備

  
今月から娘の午後の保育時間中にバレエクラスへの送迎をお願いすることになりました。託児施設はあくまで送迎しかしてくれないので、朝、幼稚園に行く前に髪をお団子に整えて、髪の毛が乱れないようなブラウスの私服をリュックに入れて臨みます。と、今回は二回目のクラスになります。

初回は「一人でお着替えできるだろうか」とか、「スタジオの場所をきちんと教えてもらえるだろうか」と不安で、直前にスクールに電話を入れて、今日からお稽古を始めるのでケアをお願いしたりしたのでした。

初回クラスの夕方に、「ちゃんと場所わかった?お着替えは時間内にできた?先生はどんな先生?」と矢継ぎ早に質問しましたが、娘曰く、全て大丈夫でクラスもとっても楽しがったのだそうです。前の晩にお着替えの練習もしましたが、レオタードの下に履く下着のこととか、忘れなかったか気になりました。聞いてみると、みんなスッポンポンになってお着替えして、隣にいた親切なお姉さんに教えてもらったそうです。

最初は相当ドキドキしたのでしょうが、慣れている他のお友達に色々と教えてもらったという経験は貴重です。次に新米者が来た時にはその不安な心中を察して優しく接しすることができそうです。

K-Ballet ではスクールの入り口からは保護者が入れないことになっているため、送迎をシッターさんに頼んでいても子どもは子どもだけで中に入り、着替えとレッスンをします。過保護や親がスタジオに張り付いてあーだ、こーだと口を出さないようにとの配慮かと思いますが、どのみち見学のできないワーママにとっては嬉しいルールです。ちなみにセメスターごとにペアレンツデイという参観日が設けられており、クラスの日が祝日とぶつかった時には振替クラスも選べます。

さて、バレエスクールは託児所から一駅のところにあるのですが、なんとこの時間帯は園児送迎用のマイクロバスが空いているとかで、送迎の係りの方と娘の貸切でバス移動なのだそうです。なんとも大げさですが、娘はバレエスクールまでのバス移動を楽しんでいるようです。少しずつ親の手を離れて行動ができるようになってきました。まだまだ目を離すことはできませんが、シッターサービスを利用すれば、行動範囲も広がります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中