5th birth day for my daughter / 娘の5歳の誕生日

We celebrated daughter’s 5th birthday in Karuizawa to stay at cottage covered with snow.  I ordered the smallest cake but it still was too large for two kids and myself.


  
先週末、軽井沢で娘の5歳の誕生日をお祝いしました。

冬生まれのせいか、寒い日や雪が大好きで、雪のロッジにお泊りできると知るやいなや大興奮して、数週間も前からカレンダーをみて毎日カウントダウンするはしゃぎぶりでした。

冬のロッジにお泊り・・・それもこれも下の息子がバギー無しで旅行できるようになったという理由が大きいという年子ならではの事情ありです(感涙)。今年はなんとか大きいスーツケースを引きながら、子どもたち二人は歩かせて雪の国に行ってきました。

裏舞台では、今年も誕生日は平日に重なるため、少し早めにこの旅行を手配して、スノーグッズを一からすべてそろえて、週末のお稽古事を振替えて・・、となかなか大変でした。そしてアナと雪の女王のエルサの衣装やティアラ、バースデーケーキの注文も忘れずに。。

相変わらずドタバタでしたがなんとか、素敵な旅を実現することができました。初めてのスキーにそり遊び、チューブ滑りなどに加え、つららで遊んだり、かき氷に見立てて氷を食べたりと楽しいことづくめの滞在でした。またその時のことをアップしますね。

さて、五歳のお祝いにリクエストされたのは自転車。

まだ弟が完全にバギーから離れないため・・・置き場に困るという事情もありましたが、そろそろ自転車を体験させてやりたくて、少々無理をしてプレゼントすることにしました。

軽井沢から帰った日の夜18時から22時までの間に配達がある予定だったのですが、この日に限ってアマゾンの定期便が5回にわたって配達されるという・・・毎回ハンコをもって「はーい♡私の自転車!」と玄関から飛び出していた娘にはとても可愛そうな展開になってしまいました。

自転車が届いたのはなんと22時。子どもたちがオフロに入っているときに無常にも「ピンポーン!」でした。

この日に自転車を漕ぐには時間が遅すぎ、翌日も夕方まで託児所だったので不憫に思い、夕方に自宅に戻ってから自転車を漕いで暗闇の中を一緒にスーパーに行きました。

働くお母さんの子どもにはいいこともたくさんあるけれど、我慢のしどころもありますね。いつも楽しい企画ばかりブログにアップしてしまいますが、それも子どもたちが日々、託児所で子どもたちなりに時間を過ごしてくれていることへの母からのご褒美でもあります。

まだまだ幼い子どもたちにとって18時をすぎる日々のお迎えはどんなにか長い待ち時間なことかと思います。

ときどき可哀想なことをしているな、と感じることもありますが、最近ではきょうだい二人で口をそろえて「ママ、いつもお仕事ありがとう!」などと言ってくれたりして感動です。子どもたちなりに我が家なりのバランスを体得してくれているようです。

あと一息、小学校にあがればもう少し子供だけの世界などができてきて、託児所で過ごす時間も楽しい物になるのかな、と期待。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中