Open school visits for children under 5 years old / オープンスクールで小学校にあがる前の意識づけ

日付が今日のものも入っていますが・・・、年明け早々、関東の私立小学校ではオープンスクールや合同説明会が開かれるところが出始めます。

と、年初にあった幼児教室の面談で教えてもらいました。幼稚園の準備をした時は、だいたいGW明けから学校訪問が始まるイメージでしたが、小学校は随分早いようです。

こうしたオープンスクールの利用方法として勧められたのは、たとえ受験するつもりのない学校でも、予定が合えば子どもを連れてでかけて、小学校がどういうところかを見せることで本人の自覚を促すのに良い作用があるといいます。

我が家も昨年秋に一つ女子校のオープンスクールに連れて行きましたが、本人は初めての経験だったので、目を輝かせて見ていました。百聞は一見にしかずで、「へぇー、これが小学校というところか」ということが分かるのですね。広い行動に食堂、英語の部屋やコンピュータ室、音楽室、理科室、家庭科室などなど、幼稚園児にすると見たことのない光景、未知の世界が広がるわけです。

大人がいくら「来年になると小学校というところに上がるんだからしっかりね」といったところで、子どもがそれをイメージするには実体験がないとなかなか難しいですね。その学校に行った時は、幼稚園でもよく歌うアヴェ・マリアの祈りが流れていて、「あ~、幼稚園の教会とおんなじ!」と子ども心につながりが持てたようで、この学校をすっかり気に入ってしまいました。

ただ、娘は「ここがいい!この学校に通いたい!」と言い出したので、「学校はほかにもたくさんあるからこれから見に行こうね~」と、伝える必要がありました。いくら本人が気に入ったといっても、5歳や6歳の子どもが総合的な判断が下せるはずがないので、本人の意向を取り入れながら、最後は親の責任で決めるしかないと思います。そして、それ以上に、考査日程とか、当日の体調とか、様々な要因で、どうなるかはその時にならないと分からないものなので、頑なな目標設定はしないでおこうと決めています。

それにしても、幼稚園の準備中は選択肢が限られていましたが、小学校になるとぐっと幅が広がりますね。そういう意味では、いろんな学校を見学できる「小学校ショッピング」はなかなか楽しいイベントかな、と思います。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中