BLOG / ブログ, CHILDREN / 子供のこと, Kindergarten / 幼稚園

Farewell for friends at kindergarten / 幼稚園のお友達とのお別れ

Of a class of 45+ children at kindergarten, 4-5 of them take off (some drop out) every year for other schools and locations for various reasons. I am old-fashion to think that one should graduate from school once s/he is admitted, but the younger generation seems to think differently.

娘が幼稚園でとても仲良くしていたブランコ仲間の男の子がご家族の事情で退園されることになりました。

都内では入園倍率がいくら高い幼稚園でも(附属幼稚園でも同様に)、毎年何らかの事情で、園児の5-10%程が退園していくと聞きます。

子どもが通う港区の私立幼稚園でもそれは同じで、これまでに一番多かったのが親の転勤(国内・海外)、きょうだいの小学校入学に合わせた転園、他園(インターのプレップスクールを含む)への転園、そして幼稚園が合わなかったり、保護者同士のいざこざで居心地が悪くなったことで退園というケースがありました。

仕事がらみの転園は仕方ないとしても、入園前にはなかなか分からない学校や保護者との相性というものは確実にあるわけで、相性が合わなきゃ辞めちゃえ、というのはちょっと理解に苦しみますが、都会の幼稚園にはそんな常識は希薄なようです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中