ワーママが必要とするもの、それは自己重要感

 

 

 

  

好きな仕事を続けてワーキングマザーでいるということは、本来とても恵まれたことに違いなく、多方面からの理解やサポートに感謝しないといけないなぁ、と思います。

でも時々そう感じることがとても難しくなることがあります。大体において、仕事のストレスを感じ、家事が山積みで孤立無援になり、子供がいうことを聞いてくれないというトリプルパンチを食らうと、自分のやっていることはなんと報われないのだろう…というモードに突入してしまいます。

仕事も家庭も子供もと欲張るから仕方ないのかなという風に諦めの心境になることもありますが、大抵の男性はこの三つを得ても贅沢だと言われることはないですよね。女性って損な役回りだなぁ、と子供を持ってみて感じることがとても多いです。

…と、先日、家のキッチンの排水溝の掃除をしていて感じたのですが、そのことを会社で役員会の最終資料チェックをしながら、「家でも会社でも全く同じ。やってもやっても終わらない雪かきのような仕事が回ってくる〜」とつい自虐的に愚痴ってしまったところ、何故か重役達にウケてしまいました。(笑うしかないなかったのかも、おじさんたち)。

自分たちは専業の奥さんたちがいるから分からないかも知れないけれど、陰に日向に家の中の細々したことをするのって本当に煩雑です。やらないと気持ち悪いし、皆が困るだろうなと思うからやるのですが、感謝されることもなく、当然のように思われるのは面白くないものです。

自己重要感…これが満たされないと、家にいても、職場にいてもなかなか辛いものがありますね。キャリア職だからそんな問題はないかというと、そんなことはなく、第一線から外れなくてはならなかったり、自分より劣っているがオンコールで働ける人が上司になってしまったり、憂き目にあうこともあります。

ここ数年間は右を向いても左を向いても諦めることばかりで、忍耐力が随分と鍛えられた感じです。

でも、ワーキングマザーでいられることは、やはり幸せなことに違いないので、ちょっとした不満は封印ですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中