BLOG / ブログ, CHILDREN / 子供のこと, Education /子どもの教育, FAMILY / ファミリーのこと, Kindergarten / 幼稚園

Choosing ‘Japanese kindergarten’ over daycare / 幼稚園という選択肢で得たものと失ったもの    

 

この季節になると、ワーキングマザーの方から子供を幼稚園にやりたいが、(保育園と比べると)ハードルが高いような気がする・・という悩みをよく伺います。

実際に保育園から幼稚園という切り替えを経験して早一年半が経ちましたが、幼稚園に入るという現実になったシナリオと、仮にそのまま保育園に通っていたらとという架空のシナリオについて考えた時、それぞれ得るものと失うものがあるような気がしています。

まず、子供を幼稚園に入れるたことのプラス面について。

  • 幼稚園という教育の場に三年間通うことで固定のお友達(同級生)ができて共に成長し合える仲間ができた
  • 私立幼稚園の同窓会は継続的なネットワークがあり、保護者同士の結びつきが強い
  • 選んだ幼稚園がキリスト教の学校なので、礼拝の習慣がつき、人のために祈ることを覚えた
  • 専業のお母さんらの子育てのこだわりを目の当たりにして学ぶことが多かった(過保護だと感じることも多々あり)
  • 幼稚園は子どもにとってのパラダイス。お弁当も、昼下がりの降園時間も全て子どもが主体
  • 保護者同伴の季節のイベントが多くて子どもはとても楽しそうにしている
  • 母親が仕事を持ちながらでもなんとか幼稚園通いが出来ることが分かった(苦労も多いがやってみてよかった)
  • 周りの保護者が教育熱心なので、小学校準備の情報が豊富
  • 否が応でも子供中心の生活になるので、親として反省したり勉強しなければならないことに多く気づく

ワーキングマザーとして、子どもを保育園ではなく、幼稚園を選んだことのマイナス面について。

  • 金銭面の負担が大きいこと(シッタ-、午後の保育所(民間のため高額)
  • 年の近いきょうだいがいる場合、保育園だと朝夕の送迎を一箇所にまとめることが可能だが、幼稚園だと二箇所などを回ることになる
  • 幼稚園の行事予定のタイミングが遅い(年間予定を配るところもあるが、ひと月前にしか公開してくれない幼稚園もある)
  • 保護者の参加が求められるイベントが多い(母の会、遠足、学芸会、運動会、クリスマス会、お誕生会などの各種行事)ため、仕事を抜けることが増える
  • 上のような時間的な負荷が、仕事をしていくうえでの大きな負担となり、職務上の信頼関係に悪影響を及ぼすリスクがある(あるいは離職する人もいる)

 

もし、子どもが3歳から6歳の三年間、保育園に通うことになっていたら、一言で親の負担は圧倒的に軽くてすんだだろうと思います(金銭的、時間的に)。

保育園のサポートがないと職場への完全復帰は難しい人の場合、保育園は現実的な選択肢だと思いますし、実際のところ、我家の場合は幼稚園に入れた年少の一学期は日中の送迎に母親である私が向かう必要があり(子どもが大泣きしたので)、そのために数ヶ月は仕事になりませんでした。この点、そのまま保育園だったら親子ともの情緒が安定した状態で3歳の一年を過ごせた可能性があります。

また、東京都の場合、4歳児の保育料は認可保育園だと月々数万円(補助金差引後)しかからないようです。保育費用として金銭的にセーブできるものを子どもの習い事に回すなどして、保育園での教育的な不足を補うことは十分可能です。また、小学校受験の準備をしていて気づくのは、有名私立の合格者に保育園出身者が多く混じっている事実で、子どもを保育園にいれていても、週末に教室などに通う人は沢山いるようです。

親の年齢やキャリアの段階、所得レベルでどうしても子育てに費やせるリソースが限られている場合、保育園というのは悪く無い手段です。でももし、諸条件が許すのであれば、幼稚園という選択肢も一度は考えてみる価値のあるシナリオかな、と思います。

実際にワーキングマザーの先輩に聞いたところ、「幼稚園は苦行だった」、でも「やりきった感がある」と清々しく仰っていました。

我が家の場合、年少の最初の時期は本当に大変で(この辺りのことは「ワーママの幼稚園ライフ」を御覧ください)、仕事を取るか幼稚園を取るかという選択に迫られたほどです。実際には、当時CFOというタイトルを頂いて働いていたものの、十分なコミットメントができないことが分かり、これにつていは職場に返上したという経緯もあります。その後、職場では組織的な変更もあり、私自身は以前ほどバリバリと働いている訳ではありません。

でも、娘を幼稚園に入園させるにあたっては仕事を辞める覚悟で臨んだので、子育てとキャリアのバランスを考えた時、自分にとっては最適なバランスで過ごせているのは有り難いことです。仕事のチャンスは何度でも巡ってくるような気がしているので、いずれまた子どもが手を離れたらバリバリ働いても良いかな、と感じます。

さて来年の春は息子が幼稚園に入りますが(今秋の考査に向けて絶賛準備中)、子どもの個性に最適な環境を選びたいので、他園も志願してみることにしました。もし他園に入園することになった場合、ワーキングマザーの幼稚園ダブルスクーリング・ライフ(幼稚園二箇所)になりますが、保育所の送迎料は幼稚園が同じでも別でも同一にチャージがあるので、このあたりは専業のお母さんよりも楽な選択かも知れません。

外から見たら、幼稚園ごときでいらぬ苦労を背負い込んでいるように見えることかと思いますが、自分の子育てを後悔しないために全力投球です。

WORK-LIFE / 仕事と家庭の両立

Slowly but changing work environment / 静かなる職場改革

ここ数年の現象として、職場にいる若い女性社員から、子どもがいて家庭のある女性管理職がいるというだけで励みになります、と言われることがよくあります。

その一方で、私が早く帰宅したあとも深夜まで働き続けている中間管理職の人たちがいて、彼らの立場に立った時、私のような子育てボスはさぞかし不都合が多いだろうと気を使うこともよくあります。

部下のほうが勤務時間が長いという事実があるのにそれでもなんとか職場のバランスが保たれているのは、私がかなりの自由裁量を与えていることや、部下の人たちの個人的な事情が複雑に絡まり合っているからですが、私に対しても、一昔前までモーレツ社員だったという過去の貢献を認めた上で、なんとか耐えてくれているような気配を感じます。

私自身も身を粉にして連日連夜働いた時代があるので良くわかるのですが、中間層にいるマネージャーというのは、まだ未熟な若手に仕事を教えながら、結果も出さないといけないので、長い労働時間というスパイラルに陥ることが多いのです。

そんな訳で、実は若いスタッフ(特にワーキングマザーの人たち)から「自分もキャリアアップできるんだと希望が持てます!」と言われるたび心が痛むのです。なぜなら自分が中間管理職だった頃は全てを仕事に集中させることができましたが、若手のワーキングマザーが子供を育てワークライフバランスを死守しながら、どうやって管理職に到達できるのか今ひとつイメージできないからです。

昨今の社会的風潮から行って、ワーキングマザーが職場から追い出されずに済むくらいには環境が整いつつあると感じますが、それ以上のキャリアパスはやはり茨の道です。

専業主婦に支えられて働く男性や子どもという制約なしに働ける独身や子供のいない女性社員と同等に結果を出していくには本格的な家庭でのチャイルドケア(住み込みのナニーや親族や実家の援助を得る)が必要になってくるでしょう。

最近では働く女性が職場に残れるようにキャリア、ノンキャリアに分けたらどうかなどという議論も活発で個人的にはとても危惧しています。これは典型的なマミートラック(Mommy Track)といわれる考え方で、職場にいさせてあげる代わりに一定のレベルにまでしか昇進できないというガラスの天井(Glass Ceiling)で頭打ちにしてしまう発想だからです。

そんな葛藤を抱える日々ですが、先日、年に一度のオフサイト(社員旅行のようなもの)の企画参画をした時に、ほんの少し職場改革に寄与できた気がした出来事がありました。

私の場合、過去4年間、一度もオフサイトに参加できたことがなく、なぜなら実家も遠く、子供がベビーや幼児だとたとえ一泊でも他所に子供を預けてまで参加しようと思わないからいう事情がありました。これを企画会議のメンバーに共有し、子供が小さい人にはファミリー参加を許可したらどうかと提案してみたところ、「そういうことは考えたことがなかった。非常に有益な視点をありがとう」と企画担当者からコメントが上がりました。

そんなことならもっと早くに声を上げるべきだったと思ったのですが、ワーキングマザーの視点というのはまだまだ理解されていないのだなぁ、と実感しました。普段はワーキングマザーにとって働きやすい職場づくりを標榜している職場ですら、男性社員には(例え子持ちであっても)なかなか気づいてもらえないことが沢山あるのです。

冒頭の「子どもがいて家庭のある女性管理職がいるというだけで励みになる」という周囲の期待感は、時に重くのしかかりますが、ほんの少し期待に応えることができました。これからはもっと声なき声を拾っていかないといけませんね。

BLOG / ブログ, CHILDREN / 子供のこと, Diversity at work / 多様な働き方, FAMILY / ファミリーのこと, Garden&Farm / 田園生活, WORK&CAREER / 仕事のこと

Something blue about Okinawa / 沖縄のブルー

Just came back from Okinawa where I visited 3 times this summer.  The sky was blue, the ocean was blue, and I so much enjoyed the private beach and the stay at luxurious hotels until I realized that these great things are open for tourists, but maybe not so much for the local people.

今年の夏は沖縄に三度訪れました。

出張がメインで週末に延泊して帰ってくることが多かったのですが、那覇市内で一仕事終えて、その後で青い海と白い砂浜でリラックスすることを繰り返すと、何だか妙な罪悪感が生まれる自分がおりました。

何故かと言うと、仕事を通して沖縄の若者たち(20代から30代)と話していると、「実は全く泳げない」、「海にはほとんど行かず、モールなどで買い物している」という人が多く、仕事面でも4年制大学を卒業しても地元に戻ってきて良い仕事に巡り会えずにいる(経済的に恵まれない)、などの話をよく耳にしたからです。

一方で那覇市内のフードビジネスやチャイルドケアビジネスを見ていると、都市部からきた観光客をターゲットにした東京都変わらない価格設定をしていて、おそらく利用者も地元の人ではないと思われます。

沖縄出張は一週間づつ行ったため、二度は子連れでしたが、その都度、読谷村(ヨミタンソン)や名護市まで足を伸ばしては沖縄の自然に触れる機会を作ったのですが、ホテルの部屋でボディケアをしてくれた地元の女性が「ジンベイザメって見たことないのですが、大きいからこわいですよね」というので驚いてしまいました。

沖縄に住んでいて美ら海水族館に言ったことないのかしら?ジンベイザメってプランクトンや海藻が主食で人を襲うことは殆ど無いサメだということも知らないの?地元の人には馴染みのないこと??と頭のなかがハテナだらけになってしまいました。

リゾートエリアに住んでいるからといって、リゾートに縁が深いわけではないのだという事実を知って愕然としました。考えてみれば、関東や関西の一部の都市部を除くと田舎の感覚というのは共通しているのかもしれません。

沖縄の高級リゾートホテルはこれまでに何件かめぐりましたが、一泊10万円近い値段がすることを考えると、やはり都市部基準です。年に数回こんな贅沢ができるのも都市部でお給料をもらえているからに違いありません。

東京の一流企業で働いていたけれどダイビング好きが高じて10年ほど前に沖縄に移住してきたという女性にも会いましたが、今では殆ど海に潜ることがなくなったと言っていました。海が近くていつでもそこにあると思うと、腰が上がらないということでした^^。

リゾートは遠くに在りて想ふもの・・なのかもしれません。

ちなみに今年の夏に訪れたAlivilaブセナテラスも良いホテルでぜひまた訪れたいですが、なんといっても一番のオススメはカヌチャリゾートです(ただ、場所が遠くて空港から車で二時間半ほどかかった記憶あり)。