Great fireworks in Nagaoka / 新潟県長岡の大花火

I took my children to Nagaoka Firework.  Truly … it was work or art that has taken our breaths away.  The whole sky above the Shinano River was a campus for the firework  which lasted 2 hours!


  
  
  

 

今年の夏休みイベント第二弾として計画したのは長岡の大花火でした。去年の隅田川の花火大会で都会の雑踏にまみれる花火にうんざりしてしまい、田舎の田んぼのど真ん中で見れるような花火を検索していたところ、再び見つけたHISのバスツアー(一泊)。今年は本当にバスづいています。

もともとは関東でみられる土浦あたりを考えていたのですが、どうせ時間と手間をかけるのなら日本一と言われる長岡を見てみたい!と、思い切って参加を決定。二日間に及んだこの花火大会の二日目に参加したのですが、バス4台総勢170名での移動となりました。

この日も夫が仕事で忙しかったため、私一人で幼児二人連れというコンディションの中、ツアーガイドさんがすべてを仕切ってくれるバスツアーは大変ありがたく、子供たちもバスの中ではおとなしくできたり、小さなリュックに自分の荷物をいれて歩ける年齢になったので、何とか参加することができました。

そうはいってもほぼ三人分の荷物を抱えての参加はやはり親に重くのしかかり、所々でガイドさんにご迷惑をかけてしまったのですが、子供たちには忘れられない花火体験となったことは間違いなく、腹の底まで響くようなドドーン、バリバリバリ~という花火の音は記憶に刻まれたんじゃないかと思います。

午後7時20分開催予定のところ、午後4時半に現地入り。まだ明るい信濃川沿いの土手を会場まで20分近く歩き(我が家はバギー)、お弁当を食べたり、花火プログラムを眺めたりしながらドキドキして過ごしました。川辺は草の香りがして、真夏日なのに日が落ちると涼しい風が吹いていて、花火鑑賞に最適でした。

日本でも有数の花火だけあって、本当に感動的な芸術作品でした。なんと二時間もの間、これでもかというほどの花火が打ち上げられて、贅沢な時間。

そのあと温泉宿に一泊したのですが、これがなかなかレトロな代物で、子供たちが大喜びでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中