One-year anniversary in Wordpress / ワードプレスに移転してはや一年以上が経過

It has been over one year since I opened this blog to join WordPress  community.  So far I have enjoyed all good things about WordPress, which is basically free and offers so many virtues.

昔やっていたアメブロからワードプレスにブログを移転してから気づくと既に一年が過ぎていました!

アメブロを始めとするブログの無料サービスはブロガーがコンテンツを所有することができず、ある日突然アカウントが凍結されるというリスクがあるため、長く運営していくためにより安全なワードプレスに切り替えを決断したのが一昨年の秋口でした。

アメブロやJUGEMと大きく違ったのは、初のドメイン運用で四苦八苦したことと、ワードプレスはカスタマーサービスが英語しかないので、日本で買ったブログ書籍を読んでもいざ質問しようと思うと要領を得ないということが多かったです。安全性のために引っ越したのに、一時は書籍ブログが何らかの理由(プラグイン機能の操作ミス?)で利用規約に引っかかってしまい部分的にコンテンツを失ってしまうという憂き目も経験しました。

ですが、結果的にはブログ移転も無事に完了し、改めて過去データを不安なく確保できるに至りました。さらに付いてきたおまけはブログ運用費用をカバーできる広告収入が入るようになったこと、ワードプレスの最大の特徴である海外ブロガーや読者とのつながりができたことです。

ブログ移転のきっかけとなったのは、心なき人々からの心ない書き込みが頻繁にあったことでした。当時はこんなワーキング・マザーの雑感記に何をいちいち文句言う必要があるのだろうと疑問かつ大変不愉快でした。

例えば、ワーママとして幼子の生活リズムを維持するのが難しいことや、イライラして叱ってしまったこと書くと、「お子さんが可哀想。涙がでる」というようなコメントがつき、幼稚園受験に奔走していることをシェアすると、「管理職なのに無責任だ、従業員が可愛そうだ」という意見が書き込まれます。挙句の果てには、在宅勤務の悪用だ、他の従業員の身にもなってみろ、などの辛辣なコメントがつきました。

私の所属する企業は日本だけでも数千人規模の組織になるのですが、これだけの人がいると、仕事で芽の出ない人、プライベートが上手く行かない人、何もかも運に突き放されたような人(あるいはそのように思い込んでいる人)や、嫉妬、妬みという負のスパイラルに陥った気の毒な人たちというのがでてきます。

物事が思い通りにならないのを他人のせいにしてネットの世界だけで威張れる可哀想な人たちが憂さ晴らしに私のサイトを攻撃してきたという、今から考えると笑い話のようなことなのですが、匿名の読者からの非難めいたメッセージというのは、相手が見えない分、その時は心をえぐらたような気分になったものです。

今では名前も顔も分かっていますが、こういう人たちは勝手に仲間割れして、今度はお互いを攻撃することで身を守ろうとするので本当に愚かしいことこの上ありません。特別な調査をするまでもなく、今では誰がどういう意図でやったのか明るみに出ています。

現実の世界では目も合わせることもできないオドオドした人たちからの攻撃は相手にせず、これからもポジティブ思考で微力ながら社会的な貢献をしていけるように頑張っていきたいと思います。

いつも楽しみに読んでくださる読者の皆様、これからもご愛読よろしくお願い致します!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中