Cherry blossom in Ueno Park

It is not a live report, because I have been lazy enough to wait for like 2 weeks, but I am posting some pictures from Ueno Park where there have many, many beautiful cherry trees.

        

雨の多い今年の桜シーズンですが、雨風の強くなる前の晴天のある日、上野動物園に子どもたちを連れて行くことができました。

娘が0歳の時に保育園の園外保育イベントでここに来てからというもの、ほぼ毎春ここを訪れています。本物のゾウにはメもくれず、昼下がりにコンコンと眠っていたゼロ歳の頃、よちよち歩きが危なっかしかった一歳、生後半年の弟と一緒でとても大変だった二歳、子供二人で手を撮り合って歩くようになった三歳、そして今年。

毎年、同じ場所を訪れると、しみじみと成長を感じます。

実際にはその後日、幼児教室で「ツル、カモメ、ツバメ、ペンギン」のイラストが描かれたカードを見せられて、(ほとんどの子どもが)ツルとツバメが分からなかったと先生から聞いて、「あー、動物園で特徴をガン見させるんだった」と悔やまれましたが後の祭りです。

幼児教育の世界では、子どもたちに「ゾウ、ペンギン、サル、カンガルーなど、それぞれの動物の特徴を模倣させる」ということがよくあり、「その中でキラリと光る動きをする子を育てる」ということがどうも重視されているようなのですが、その是非はともかくとして、こういう機会に出来るだけ観察力を磨くというのが重要ポイントですね。

終わりの方は私のほうが疲れてしまって、「はい、もう帰りますよ~」と追い立ててしまったのですが、子どもたちが檻の前でじっと動物を見ているときにあれこれ質問したりして、目の前に要る動物を観察させるべきだったなーと反省です。

よし、次回行くときは事前に動物図鑑で動物の下調べをしてから向かうことにしましょう。

それでも夕方に退園すると二人共バギーの上で爆睡しているのだから、まだまだツインバギーは手放せません。

体力は幼児そのものながら、二人してツインバギーの上で動物園マップを広げて次はシロクマがみたいだの、キリンはどこだの、口の達者さは大人並みです。頭でっかちにならないように体も鍛えないといけないな、などと課題の見えた動物園探訪でした。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中