幼稚園の参観日と母の会(2015年2月 娘・年少)

IMG_2009

三学期の中間地点の今月、年少クラスで二回目の参観日がありました。

この日は弟は自宅でシッターさんに見てもらい、夫が時間を作ってくれて娘と一緒に登園してくれたので、私は仕事へ。

平日の白昼堂々、ひと月ばかりの事前通知で40名を超える保護者が一斉に集まる幼稚園という場所はスゴイなぁ、といまだに保育園とのギャップを感じてします。

この日は皆で紙にセーターを描いてはさみで切り、壁に貼られた大きな画用紙に描かれた木が寒くないように皆でセーターを着せてあげたそうです。夫の情報によると、セーターの製作が終わり、木にそれを貼り付けるときに、「はい、お父様、お母様に抱っこして頂いて木に貼りましょうね」と指示があったようで、どの子の親も漏れなく参加していることが前提なのだなぁ、と感じました。

さて、いつも園に保管してある自由画帳にはこの一年の間に描きためた絵が残されていて、毎日この園で楽しく過ごしている様子が伺えてとても嬉しくなりました。毎朝、登園するたびに、この幼稚園でよかったな〜、先生たちが本当に暖かいな、子供たちも元気のある中にも躾が行き届いていて気持ちが良いなぁ、と感じます。

後日、今度は私が母の会に参加して、園長先生と副園長先生から子どもたちの様子について伺いました。

年少から年長まで各学年の様子(何気ない日常の様子ですが)を聞いていると、たった一学年違うだけで成長段階が大きく異なることを実感しました。園での喧嘩などもでてきたりしますが、その殆どは家に帰るまでに解決されているということで、子どもが何か訴えてきても(例えば誰かに叩かれたとか)、大げさに捉えたり話を蒸し返すのではなく、安心感を与えてあげるよう心がけて欲しいと保護者に話がありました。

第三者から見れば他愛のないことでも、いつも特定のお友達が暴力的に振舞っていたりすると、ついつい親は気になります。でも子どもの世界のいざこざなので、子どもたちが解決するのを遠巻きに見守るべきなのですね。
IMG_1997

IMG_2001

IMG_1998

IMG_1999

IMG_2002

IMG_2005

IMG_2003

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中