日本科学未来館に遠足

/home/wpcom/public_html/wp-content/blogs.dir/976/62980177/files/2014/12/img_1445.jpg

/home/wpcom/public_html/wp-content/blogs.dir/976/62980177/files/2014/12/img_1444.jpg

/home/wpcom/public_html/wp-content/blogs.dir/976/62980177/files/2014/12/img_1443.jpg

今月、幼稚園から配布されるチラシの中に、お台場にある日本科学未来館の案内が入っていて、そろそろこういうところにも連れて行きたいなと思っていました。

まぁ、でも下の子がまだ小さいし、家族で行くとしたら来年かなと考えていた所、ちょうど午後保育の先生から「日本科学未来館に遠足に行きますが参加されますか?」という声がかかり、「もちろんです~、よろしく!」と便乗しました。

こういう場所へ遊びに出かけると丸一日とられるので、こんな風に保育時間中に遠足に連れて行ってもらえるというのはとても有り難いことです(延長保育料もがっつりとられますが・・・)。幼児教育のプロが子供にとって良い体験を(保育時間中に)積ませてくれるという、ワーキング・マザーをしていてよかったと感じる瞬間です。

さて、出展対象が科学未来というだけあって、様々な面白い体験ができるようで、絵に描いたクラゲが水槽の中を泳ぎだす「お絵かき水族館」はとても楽しかったようです。アンドロイドコーナーにいる人間そっくりの「オトナロイド」というのもなかなかおもしろそうで、大人でも興味が惹かれます。

冬休みに入って、年少クラスではにわかにこのような課外活動が増えてきました。午後保育にもすっかり慣れて、最近ではお友達もできてきたようで、早く行きたがるほど楽しみなアクティビティも増えてきました。

つい最近、幼児教室の入り口でお母さんと離れたくなくて大泣きしている二歳児の女の子を見て、困り果てたお母さまに痛く共感してしまいました。でも、今から振り返ると、あれも期間限定のことだったなぁ、と思います。小さな我が子が泣き叫ぶと本当に胸が痛み、気分も沈みますが、三、四歳を超えてくると子供は外の世界や他者に俄然興味を持ち出して、自ら関わっていくようになるようです。

子供が二歳くらいまでは、登園する度に泣く姿を見ては何度仕事を辞めるべきかと悩んだことか(娘はしょっちゅう大泣き、息子は全く平気という大差あり、でした)・・・。でも、今ではそんな時代がウソのようです。今は年少クラスにいる娘が「ねーねー、次の遠足はいつ?どこにいくんだろ」と聞いてきたり、「今度また茶道のクラスがあるんだって。またおまんじゅう食べたいよ~」とおねだりしてきたりします。いざ子供自信の世界が広がると、こんなものなのですね。

ワーママをしていると何かと親子ともに鍛えられますが、お互いに外の世界から教えられることが多いようです。家庭の外の保育チームに頼ることを恐れず、これからも子供の成長に合わせて、バランスを取って行きたいと思います。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中