Thanksgiving dinner at the Oak Door

IMG_0906.JPG

IMG_0915.JPG

IMG_0926.JPG

IMG_0917.JPG

IMG_0926.JPG

IMG_0895.JPG

IMG_0908.JPG

IMG_0907.JPG

IMG_0894.JPG

先の11月の第四木曜日はサンクスギビング(収穫祭)でした。例年は最寄りの外国人御用達のスーパーで七面鳥(頭と四肢を落として内蔵を繰り抜いて冷凍したもの・・・と書くとホラーですが)を買ってきて、ラザニアやパンプキンパイを焼いて見よう見まねのホームディッシュを作ってきましたが、今年は外食に切り替えてみました。

都内のいくつかのレストランではThanksgiving Dinner というスペシャルメニューを用意しているところがあり、我が家は六本木ヒルズのグランドハイアット東京(6F)にある The Oak Door  に行ってきました。他にはミッドタウンの Union Square Tokyo や 八重洲のFour Seasons に入っているEkki Bar & Grill でも同様のサービスがあるようでした。

ホテル系のレストランが多いのは、この時期に出張で東京に来ている宿泊者が七面鳥にありつけるように考えられたせいか、案の定、平日にも関わらず店内は外国人ビジネスマン風の人たちがバーエリアでシャンパンを片手にひしめいていました。本国にいれば家族と集うイベントなだけに、誰かと一緒に食事をしたくなる日なのです。

さて、この日のお料理はサンクスギビングの家庭料理をフルカバーしたような内容で、飾り気のないアメリカ料理にところどころフレンチのようなあしらいがあって素敵でした。

例えばサラダには洋なしのスライスがグリルされて乗せられていて、暗い店内ではよく見えずズッキーニかなと思って食べてみると甘くて美味しかったり、甘いパンプキンスープの底には酸味のあるイチジクソースが隠されていたり、驚きがありました。

そして、なにより驚いたのは七面鳥がとてもジューシーで身がプリプリしていたこと。加えて、クランベリーソースの食感と味でした。家庭料理の七面鳥はどちらかというとパサパサした印象だったのが、むしろふんわり柔らかで、冷凍ターキーでは出せない味わいなのかもしれません。それにクランベリーソースの美味しかったこと!本物のクランベリーを砂糖水で長時間煮詰めるとこうなるんだ~と、いつもは缶で手っ取り早く済ませていた私としてはとても新鮮な驚きでした。

この日は普段からお世話になっているベビーシッターさんと一緒に子供もキッズメニューを頂いて食卓を囲みました。子供のメニューはメインディッシュがハンバーガー、ソーセージ、魚料理、フライドフィッシュの四点から選べて、ドリンクとデザートアイスがついてきました。マッシュドポテトのフワフワした食感と美味しさに、これまた家庭料理といえども家庭では味わえないプロのシェフの腕前を見せてもらった気がしました。

というわけで、これまで思い込んでいたサンクスギビングのお料理について、何とも驚くことばかりでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中