人はなぜ「しむ」のか?

IMG_0538.JPG

三歳の娘がこのところしつこく聞いてくる質問があります。

「ねぇママ、どうして人は「しむ」の?ママもあいちゃんも「しむ」の?」

どうやら命あるものが死んでしまうことを不思議に思い、自分や家族も死ぬのかという質問のようです。

何がきっかけなのかは分かりませんが、思いつくのは水槽の魚金が死んだことくらい。でもその時は「これ食べられないのかな?ナイフでこうやって」と意外と残酷なことを言っていました。こちらが驚いて「なに?金目的に焼いて食べるの⁈」と思いましたが、泣いたり、ショックを受けた風ではありませんでした。

う〜ん、どうやって答えれば良いのか。

でも、嘘を教えるのも良くないんじゃないかと思ったので、「生きているものはみんないつか死ぬけど、人間はすっごく長生きするから心配しなくっていいの。分かった?」というと、「うん!」と娘。

でも、二日くらいすると、また同じことを聞いてきます。今度は「幼稚園の後は小学校があって、その次は中学で、高校で、そして大学に大学院まであるからね」というと、「うん!」。

そして、また後日どこかに出かけるたび、例えばそれが水族館だとすると「このお魚さんも「しむ」の?」となかなかしつこい娘。どうやらこの問いは彼女の中でずーっと続いているようです。でも不思議と悲しいとか、寂しいという感情とは別で、どちらかというと興味があるようなのです。

そして、「ねぇママ、もしあいちゃんがしんだらどうする?」。全く。。生まれてたった3年半の子どもが何という質問をするのでしょう。「すっごい悲しい、悲しくて悲しくて…コチョコチョコチョ悲しくて(と、娘をくすぐって話を逸らす)」ダメな母親でした。

どなたかよい答えがあれば教えてください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中