幼稚園受験から一年経ちました

IMG_7177

 

ちょうど一年前の文化の日の週末に娘の幼稚園受験があったことを先日ふと思い出し、その時から一年が立ったのだなぁ、とちょっと感動的です。

この週末は、来春に年少児として入園してくる子どもたちの考査があるのですが、今年は去年とは雲泥の差で、何とものんびりと子どもたちと土いじりなどしながら無計画に過ごしました。我が家は上のこと下の子が一歳半しか離れていませんが、上が早生まれで下が遅生まれなので学年は一年開いており、今年はお受験の小休止となります。

上の子の時は何もかもが初めてづくしの経験だったので、それこそ一歳になったら直ぐに幼児教室に入ってせっせと教室通いをしたものでした。

幼児の発育の目安や月齢ごとにすべきことの大まかな知識を仕入れることができ、そして何よりも幼稚園のきょうだい枠(上の子が在園あるいは卒園していると下の子の入園が有利になる)を確保できたことで、下の子に関してはかなりの「ゆとり教育」となっています^^。

とはいえ、上にきょうだいがいるということはそれだけで先取り学習が自然にできるという特典があり、またお姉ちゃんが一人では行きたがらなかった午後保育に弟も一緒に通うという(家計としてはとっても負担の多い)展開になったため、そこそこの集団生活かつ幼児教室通いの経験もできているので、下の子についてはあと一年ばかり現状の状態で良いかな、と考えています。

そして、今月からは娘の「新年中」のクラスが始まります。この点、三年保育にしておいてよかったなと思います。入園後半年間はじっくりと新生活への適応に時間をかけ、秋口からまる二年、小学校の準備ができるからです。

幼児教室選びも迷うところで、それぞれ受験体操、受験絵画、ペーパークラス、総合クラス、学校別対策クラスなどなど豊富なラインナップです。幼稚園に入る前は大手幼児教室のクラスに通っていて、午後保育も同じ系列のところにお世話になっていますが、小学校入園までに準備することをあれこれ吟味して、別の大手幼児教室に変えてみることにしました。

ママ友さん経由で有名な個人塾の情報なども入ってきて、価格帯も半端なければ(入塾時に数百万円、任意で先生のお誕生日に百万円づつなど)、合格実績も目を見張るものがありますが(これまでに耳にした寄付金の最高額は3億円)、これはどう考えたって常軌を逸した経済感覚です。仮に支払えたとしても、ここまでして子どもに下駄を履かせる(しかも小学校で)必要性はないと思います。

8月から9月にかけて、いくつか資料を取り寄せて検討してみましたが、まだ5歳や6歳の子どもを対象とした受験というのは中高大の入試とは大きく違っていて、各校ごとのバリエーションがものすごく幅広いのです。なので、できるだけ早く志望校を絞って準備するのが最も効果的なのですが、学校選びそのものが難しいですね。

こんな状態でも幾つか良いなと思える学校は出てきていて、どうやらそろそろ始めたほうが良さそうなのは絵画とペーパーの準備のように思えます。結論から言うと、ペーパーは当面家庭学習で様子を見てみることにしました。年中の間はまだ本格的な受験の演習には入れず、どちらかというと机に向かう練習をするとか、ペーパーに向き合う癖をつけるといった意味合いのほうが強そうです。

日中預かってもらっている託児所ではお教室通いの面倒も見てくれるのですが、ペーパーをやらせるならその内容を把握したいということと、子どもの得意不得意などは自分で見ておきたいと思えたので、週末通えるお教室を探すことにしました。そして、こぐま会教材を大量買いしてみました(→この辺りの話はまた後日)。

体操は幼稚園に入園する前から通っていていて満足しているし、ペーパーの開始はまだもう少し先、ということで、11月からは絵画クラスをスタートさせることにしました。正直、これまで受験絵画というものに抵抗があったのですが、気に入らなければやめればいいし、これが原因で子どもの創造力に歯止めがかかることはないようにも思えるので、ひとまず始めてみます。

というわけで、一年前にクリアした課題に続き、また新しい目標ができました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中