男女年子の習い事にバレエという選択肢

IMG_1396.JPG

IMG_1491.JPG

このところ姉の習い事を見学していて、踊りたくなってしまった弟くんがバレエ男子になったことは以前にお伝えした通りです。バレエの先生に聞くと、スケート界の王子、羽生結弦くんの影響か男の子のバレエクラスに関する問い合わせがとても増えているのだそうです。

厳密には、バレエのボーイズクラスのカリキュラムには、女子よりもジャンプや回転の練習が多く必要だったりしますが(回転の仕方や腕の位置や使い方が男女で違うので)、幼児や初心者は共同クラスで十分です。

息子も小学生になったら極真空手とか(父親の好みで)始めるのかもしれませんが^ ^、今のところは体操教室代わりに良いと思っています。

ちなみにバレエのクラスは娘が通う体操教室の内容と比べてみても指示行動という点では遜色ないカリキュラム。スキップやギャロップ、ジャンプは共通に行われるし、バーやフロアで先生が支持する手足の動きをなぞったり、筋力アップを図る点ではとても似ています。

体操のクラスにあってバレエクラスにないものは、平均台や跳び箱などの高所、体全体を回転させるマットや鉄棒、縄跳びなど。でも、いずれも未就園児にはまだできないものばかりです。

逆にバレエにあって体操にないのは、音楽、リズム、皆で一つになって動きを作る面白さ(同じスキップでも体操教室だと順番に行い、バレエだと順番にやることもあれば、皆で手をつないでやったり、お花の入ったカゴや妖精の杖を持って踊ったりとバリエーションが豊富です)。

と、こんな母の分析をよそに、今のところは、気の向くところだけマイペースに参加している息子と娘でした^ ^。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中