固定シッターさんの意外な効果

IMG_0923.JPG

固定シッターさんに週に何度か来てもらうようになってから、我が家にはいくつかの変化が起こりました。シッターさんをいれるのは贅沢な選択肢かと思われますし、全ての方の参考にはならないと理解した上で、一部には意外な節約効果(交通費や外食費など)があったという発見もあるので、書いておきます。

シッターさんを入れてまず大きく変わったのは子どもたちの「おうち時間」が増えたことです。以前は週に4日通っていた保育園や託児所が半分に減り、大好きなお家で自分のおもちゃで遊んだり、のんびりとテレビを見たり、公園遊びが出来るようになってとても幸せそうです。毎日シッターさんだと他の子達と遊ぶ楽しみがなくなりますが、その楽しみもキープしながら自宅というプライベートなスペースでくつろぐということができるようになりました。

それに伴う家事オペレーションの変化としては、保育園で過ごす時間が減ったことで、洗濯物の量が半減しました(お着替えやタオルなどの使用頻度が下がったため)。その一方で、以前は週に数回で済んでいた家のお掃除の回数が増えたような気がします。特に床に散らかる誇りや髪の毛は半端無く、家にいる時間が長いということ、イコール家の中が散らかるという事を意味することを納得。ちなみに、我が家のシッターさんには二人の子どもを見てもらっているので、「家事は一切しなくてよい」と伝えてあります(それでも手空きの時にはお片づけなどしてくださいます)。

また、子どもたちの習い事の幅が広がりました。今のところは(このシッターさんが我が家を気に入って定着してくれるだろうか、子どもが本当に馴染んでいるだろうかなど)まだ様子見をしていますが、今のアレンジが上手く行けば、習い事への送迎や付き添いなどもお願いすることができ、これはかなり贅沢なオプションだと感じています。

実際のところ、子どもたちが午後保育として使っている民間学童ではオプションコースがいくつかあって、ピアノやヴァイオリン、絵画、体操などのクラスを受けることが出来るのですが、体験クラスを一度受けたところ、わたしには何とも不満足な内容でした。ピアノの体験クラスを受けたのですが、どんな先生か会わせてもらえず、クラスを見せてもらうこともできず、まったくのクローズド・ドアで、授業で行ったプリントを一枚もらっただけで、「ドミソ」とか書いてあるだけでは何のことやらさっぱり分かりません。

自分の子供が初めて習う楽器や授業で一体どんな人がどんなことを教えているのか詳しく知りたいと思う親はわたしだけではないでしょう。まるで「代わりに保育時間中に習わせてあげているんだから」とでも言いたげなシステムにうんざりして、習い事は自前で調達することにしました。しかも、習い事の月謝はそれぞれ二万円程度する割に、保育時間との二重請求なので、これも割に合わないな、と感じます。

そして、さらに意外な節約効果もありました。保育園や託児所に駆け込む度に乗り込んでいたタクシー代が減ったことで、交通費が減少。さらに、ギリギリにお迎えに行って夜は外食というパターンも減り、その日の朝に仕込んでおいた夕食をシッターさんが温めて5時半頃に食べさせてくれるという有り難い仕組みが作れました。さらに、子どもが食べ終わった後はお皿がきれいに現れて、キッチンがピカピカになっているという嬉しいおまけ付き。これには涙がでます。

自分で朝から夕食を作るというのは大変といえば大変ですが、まだ小さな子供の食事を作るのは大人の食事に比べれば簡単ですし、ルーティンになってくればお弁当作りと重ねながら意外とできてしまいます。メニューも外食のキッズメニューではなかなか出てこないお魚やお豆腐、味噌汁など夕食にヘルシーなものが増えました。また、わたしとは違って根気よく食べさせてくださるので、子どもたちが二人共、毎食ほぼ完食するようになるという効果までついてきました。

いずれにせよ夕方仕事から返ってきて、あたふたとお腹を空かせた子どもたちに食事を作らなきゃ、というプレッシャーから開放されたのはとても大きいです。途中でエネルギーが切れて、外食に走ってしまい、冷蔵庫の食材が無駄になるということも減りました。そして残りの二日は託児所で二人が17時半には夕食を済ませてくれるので、家に帰って直ぐにお風呂、20時には就寝体制に入れるようにもなってきたわけです。

最後に、細かいことをアレコレ考えると、日中家に誰かがいてくれるというのは何かと便利です。宅配便の受け取りやちょっとした買い物、本当に些細なあれこれなんですが、夜に仕事から帰ってからの雑務が減って有り難いなぁ、と感じます。

ちなみにプライベートでアレンジできるシッターさんの相場は一時間辺り1500円ほど(港区価格?)。シッター会社のレギュラー会員料金が一時間辺り1800円(子供一人)、姉弟がいる場合はプラス50%なので2700円だということを考えると、プライベートは姉弟がいれば割安感がアップしますね。

上に上げたメリットの数々は、やはり「固定の人に来てもらう」ということのポイントが高く、これが毎回新しい人に一から指示しなくてはいけないとしたら、結構面倒なことだらけだと感じてしまいます。週に一度、あるいは隔週に一度でも、信頼できる固定のシッターさんにきてもらうことができれば、本当にワーママの身も心も軽くなります。

どうすれば固定のシッターさんを見つけることができるか・・・が、なかなか難しい課題だったりします。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中