町内のお祭りにバギー参加したら叱られました

IMG_1099-0.JPG

IMG_1102.JPG

IMG_1122.JPG

IMG_1120.JPG

IMG_1121.JPG

IMG_1115-0.JPG

楽しみにしていた麻布十番祭りで、実はとても不愉快な経験をしてしまいました。

お祭りが始まるのが午後三時。日が暮れるに連れてものすごい人出となるので、この日我が家では(と言っても私と子供たち)午後三時すぎに家を出て、まずは腹ごなしをしてから網代公園の子ども広場に向かいました。金魚釣り、ヨーヨー釣り、スーパーボールすくい、福引き、ボール投げ、フリスビーなげ、綿あめ、ラムネと二時間ほどお祭りを堪能し、そろそろ帰ろうかと思ったのが午後5時過ぎでした。

その頃には随分と人の数が増えていて、バギーで進むには迷惑な状況でしたが、こちらも必要に迫られた買い物を済ませてから家路に着いたところ、「おい!」と背後から大きな声が・・。

振り向くと60代くらいの男性が怒りを露わにした表情で追いかけてくるではありませんか。「この先もそれ(バギー)で進むつもりかよ。この道はずーっとものすごい人がいるんだから、あっち側(大通りを指差して)に出て行ってくれ。みーんな迷惑してるんだよ」と江戸っ子弁で怒鳴られてしまいました。

咄嗟のことに混乱してしまい、まぁ、確かに人混みにバギーを持ち込むのは良くなかったかしらと、その時に感じていた「すみません」という気持ちと、でもこちらにも事情があるのだし(「あっち側」は自宅とは反対側)という気持ちがぶつかり、何も言い返せずじまいでした。そして、何とも嫌な気分の中で用事を済ませて家までたどり着いた時には人だかりはさらに増えていて、どどどっ、と疲れが噴出してしまいましたが、冷静に考えるとどうにも納得がいかないなぁ、と。

確かにね、人混みの中をバギーで移動するのは迷惑行為かもしれないけれど…、考えてみれば私はこの街の住人。お祭りをやるのはそっちの勝手だとして、家までの道をバギーを押すことに何の文句を言われないといけないのでしょう?むしろ自宅前付近にまで人が群がって、地面に座り込んで屋台の食べ物を食べたりビールを飲んだり、タバコを吸ったりしていて、地域の振興のために日常生活制限がでて我慢しているのはこっちの方だと思えてきました。

そこで麻布十番商店街の振興会に上の経緯を報告することにしました。結論としては、住人のバギー移動に対して怒鳴るというのはあるまじきだとのことで、謝罪はされたものの、事後策については不明でした(謝って欲しくて伝えたわけではないのですが)。

聞くところによると、原則としては沢山の人でのあるお祭りにバギーを持ち込んではいけないそうです。ただし、そんなことはどこにも書いていなければ、網代公園で沢山みかけたバギーを取り締まっている雰囲気は全くありませんでした。同様に禁止事項だというくわえタバコもをしている人も沢山いて、実際には許容されていたりします。

子どもが一人なら私だって抱っこして徒歩で参加しただろうし、夫が一緒なら一人づつ抱っこしていたことでしょう。ですが、親一人に幼児が二人だとと雑踏の中を手を引いて移動することはほぼ不可能なんです。二歳と三歳の子どもをバギーに乗せて「ごめんなさい」と頭を下げながらしか移動できない人を恫喝するなんて、やはり行き過ぎた行為だと思います。上のオジサンが商店街の人なのか、屋台の人なのか分かりませんが。。

思えばこのお祭りでは車いすの人も杖をついた人も見かけませんでしたが、もしかしたら雑踏の中を歩くと人の迷惑になる人が参加すると肩身が狭く、周囲からも「常識的に考えて遠慮しろ」という目で見られるからかしら?

自分がバギーでしか移動できない身(=マイノリティ)になって、初めて見える景色があります。こういう常識感というのはあまりに世知辛くて余裕が無い考え方で。こんな価値観がまかりとおる世界の住人でありたいとは思いませんね。

「皆が迷惑している」という言葉がどれほど心をえぐるか、上の発言者には想像さえできないことでしょうが、言われた方は知らず知らずのうちに「自分は邪魔な存在だ」「だったらもう外出はよそう」というような閉塞的な考えに陥ることもあるかと思います。

お祭りですからビールを飲んで大声を上げている人もいれば、道のど真ん中で円陣を組んで買い食いしている人たちも沢山いるわけで、楽しいお祭り騒ぎの中で皆ちょっとづつ他の人に迷惑をかけながら好き好んでギューギュー詰めの場所にいるわけです。本来はお互い様のはずなのですけどね。

今後策として、バギー移動についての取扱いをガイドラインに明記するなどして主催者側で共有して欲しい、バギーが原則不可というならば条件付きで通行証を出して欲しいと振興会に伝えました。住人には自動車の特別通行証がでますから、必要にせまられたバギー移動(住人や二人以上乳幼児のいる世帯)にも是非許可をして頂きたいと思います。

自分が周囲に迷惑をかけないと移動すらできないという状況になったとき、自分はどうしてもらいたいのか。これを考えるということは、自分自身が年老いた時、あるいは自分の子や孫の世代が子育てをするときに周りからどのような待遇を受けるかということを想像することでもあります。

こういう商店街のルールづくりって子育てにろくに関わっていない男性世代が中心になってやっているのかしら、とすら思ってしまいますが、優れたルール作りには「マイノリティの保護」という観点が含まれているものです。大都会の街のお祭りですから、子育て世代や体の不自由な人らへの配慮のある洗練されたものにグレードアップして欲しいものです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中