Three steps forward, two steps backwards… / 三歩進んで二歩戻る…幼稚園の送迎

20140609-220850-79730401.jpg

 

6月に入って雨の日の幼稚園送迎が増えました。

ピチピチチャプチャプランランラン♪ と楽しければいいのですが、毎日がそうとは限らず、眠い日、疲れた日、お腹が空いた日・・・とお昼時の事情は様々で、母親の私がお迎えに行くと突如としてわがままになることがあります。入園当初のような不安さが影を潜め始めた反面、午後のルーティンが分かるようになっただけに「今日はもうお家に帰りたい」とか、「ずっとお外にいたい」などと言うことがあるのですね。

同じ幼稚園のお母様に話を聞くと、お弁当のある日(午後一時までの保育がある日)は子どもが我儘になるということだったので、その後も夕方まで午後保育まで頑張っているワーママの子供たちにはそれだけ負荷も多くかかっているということなのでしょう。でも、だからといって職場に連れて行くわけにも行かず、なだめすかしてアフター幼稚園に連れて行くのですが、子どもが嫌そうにしているのを見ると、やはり心が痛みます。

先週と今週、それぞれに一日づつ、降園後に娘の機嫌がいきなり悪くなり、ランチを食べようという段になって、突如大泣きするということが続きました。20~30分、何を言っても聞く耳を持たない素振りでワンワンと泣き続け、食べたくない、お着替えしたくない、何もいらない、やりたくない、などと言いながら反抗する姿を見て、途方に暮れるばかり・・・。

こうなると、仕事をしているせいでこうなったのか、幼稚園に行かせなかったほうが良かったのか、エトセトラ、エトセトラ、全てが間違っていたかのように思えて、こちらも頭を抱え込んでしまいます。でも本人に聞くと(泣いている最中ですら)、「幼稚園は好き、幼稚園だけ行きたい」というから不思議なものです。「じゃあ、午後保育は?保育園は?ジンボリーは?畑は?公園は?全部やめる?」と聞くと、ジンボリーと畑は続けるなどと言い出すので、意外と冷静に判断していることに驚きます。

要するに、眠たくて疲れているので、午後の保育が嫌だということらしいのですね。上のようなことが何度か続いて、大体のパターンが見えてきたのですが、機嫌の悪くなる日というのは、前日のアクティビティが多すぎた、睡眠時間が短かった、朝ごはんの食欲がなかった時のようです。そして、お迎えがシッターさんや父親だと比較的我慢するようなのですが、母親の私だと甘えが出て発散してしまうということのようです。

幼稚園の送迎については、今のところ楽しい日よりも辛い日のことが多いですが(涙)、親子共に踏ん張る時期だと腹をくくって臨んでいます。幼稚園に身を置いていると、午後の時間帯を子どもと一緒に時間を過ごせないことを申し訳なく思ってしまうことも多いのですが、保育園に入れていたらそんなことすら感じなかっただろうなと思います。子どもを預けてまで働いているのだからいい仕事をしないといけないなという自覚も自ずと高まります。

そして、たとえ今は理解してもらえなくても、いずれ子どもが情熱を傾けられるライフワークに出会った時に最大の味方でいたいなとか、彼女自身が仕事を持つ母親になったときに自分の夢をあきらめないで欲しいな・・・などと思う自分を発見する今日この頃です。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中