BLOG / ブログ, Kindergarten / 幼稚園, Nursery / 保育園

アフター幼稚園の面談に行ってきました

先日、娘が幼稚園の後の午後保育と息子がお世話になる民間託児所の面談に行ってきました。今のところ、週に二日は二人をここに預けていますが、保育内容には幼稚園や小学校受験の対応を兼ねた知育や生活習慣を重視したカリキュラムが組まれています。それ以外の日に二人が通う保育園と比べると、規律面が正しく指導されるので最初は二人共かなり抵抗していましたが(今でも少し・・・)、最近はあきらめモードで通ってくれるようになりました^^。

さて、面談をする中で、我が家のモチベーションの低さが露呈してしまいました。というのも、去年、娘の幼稚園受験が終わり、下の子には兄弟枠があることで、かなりリラックスモードに入っているからです。担当者の方曰く、「もし小学校の考査の準備を始めるなら年少さんの頃から5月、6月の学校説明会に顔を出して吟味し始めるのが良い」とのことなのですが、私立小学校と民間の幼児教育機関が結託してお受験を煽っているようで、まるで組織ぐるみの詐欺集団に煽られているようで、なんだか恐ろしい・・・。

まぁ、それはさておいたとして、幼稚園受験というものを体験して思うのは、準備するプロセスの中で得たことが非常に大きかったという実感は確かにあります。恐らく、次に小学校に上がるまでの未就学児童が身に付けるべき教育的な内容についても、小学校受験で求められているものが大きな手がかりになるだろうという予感もあります。小学校を受験する、しないに関わらず、勉強を兼ねて知っておきたいなと思うので、そのうちアクションプランを立てたいのですが、重い腰がなかなか上がりません^^。

でも、この6月、7月という特別な時期にのみ繰り広げられる学校説明会にはいくつか参加しておこうという気分になりました。

さて、スクール側からは、現状よりももっと来る日数を増やしたり、幼稚園からの送迎もいかがですか?とセールスコール受けましたが、「う~ん」と首ををかしげながら、「それにはまず、『楽しいからここに通いたい!』と子どもが言ってくれないと難しいかも」とついついアバウトに答えてしまいました。すると、担当者は「それは責任重大ですから私たちも頑張ります」と俄然やる気を見せてくれて、なんだかやる気スイッチを押してしまったような感じでした。

今後に少し期待です。

20140326-203020.jpg20140326-203026.jpg

託児所では、日に一枚はプリントをさせてもらい、待ち時間に上の写真のようなちょっとした作業をしたり、あるいは遊んだ後は皆で雑巾がけをしたりと、生活面全般でいろんなことを教えて頂いているようです。

あとは子供たちが楽しんで通ってくれるように祈るばかり・・・。

 

 

広告