働くママにとっての幼稚園生活の不安

20140411-222121.jpg

4月の第二周目に入り、娘の幼稚園入園式、始業式、そして初めて子供たちだけで保育時間を過ごすという、子どもにとっても親にとっても初めてづくしの幼稚園生活が始まりました。

これまでは幼稚園受験についてワーママの目線から情報発信をしてきましたが、これからは実際に子どもを幼稚園に通わせる上で思うことをお伝えしていきたいと思っています。

以下、園庭に咲いていたお花の写真とともに、ワーママが抱える幼稚園生活への不安について書いてみますね。

 

20140411-222128.jpg

実は先月末に職場を退職されたワーママ仲間がいらっしゃいました。三歳くらいの時に認証→認可園に転園されていて、そのまま小学校までは保育園を予定されていたのですが、去年の暮あたりから急に春から幼稚園への転入を決められたようでした。

その時は、ワーママの幼稚園仲間が増えたとひっそりと喜んでいたのですが、その後、入園後の母親の関与がかなり大変な幼稚園であることが分かり、例えば4月中は母子で保育時間を過ごさなければならなくて、慣れてきた子の親から順に母子分離が許されるという、何とも大変な様子。

入園を決めるまで知らなかった事実ということで、職場では仕方なく万全の策として、4月中は戦力として当てにしないアサインメントに切り替えたりして準備していたのですが、やはり離職を余儀なくされる事態だとご自身が判断されたようで、退職されることになりました。

 

20140411-222135.jpg

上を入園を決める前のリサーチ不足と言ってしまえばそれまででなのですが、どんなに事前調査をしても幼稚園事のカラーというものはやはり入ってみないと分からないことだらけだったりします。

上のワーママさんにしても、もし離職に至ると分かっていればもしかしたら幼稚園という選択はされなかったかもしれませんよね。幼稚園を選択すること、あるいは選択する幼稚園のカラーによっては、仕事との両立が難しくなることも現実には考えておかないといけないことだと思います。

今週になって初めて手にした向こう三ヶ月の予定表によると(これは良心的な方で、向こうひと月の予定しか配布されない園もあると聞いています)、来週中にいきなり休園日(園外保育に頼るしかありません)、月に一度の「母の会」、月に一度の「教会の会」(任意で掃除したり、神父様のお話を聞く)、来月はバザーと参観日、そして月に数日の休園日、身体測定の日もなぜか保育なし、云々。

さらに、てっきり直ぐに開始されると思っていたお弁当は4月の終わり頃からのスタートなので、早帰り予定での送迎や園外保育の手配に負われます(幼稚園によっては入園式直後から給食が始まるところもあったりして、かなりバリエーションに別れるようです)。

もし園外保育にかけることのできるお金がギリギリで幼稚園に子どもを通わせるとしたら、それはかなりリスキーな選択だと言わざるを得ません。我家の場合、初月からすでに園外保育料が予算オーバーです。

20140411-222141.jpg

お金でなんとかなることは置いておいたとしても、幼稚園に通う子どものほとんどは専業主婦のお母さんがいる環境だというのも、時として我が子にとって酷なことがあるように思えます。この点は、ワーキング・マザーを続ける以上は割り切るしかないのですが、いくつかあげてみます。

まず、年少さんの保育がスタートして最初の一週間が過ぎたわけですが、午前中だけを園で過ごして帰ってくるだけなのに、子どもとしては新しい環境への対応にエネルギーを使うようで、初日はお昼すぎ、二日目は午後2時頃、三日目は午後5時過ぎに(最近はほとんどとらなくなった)午睡に入ってしまいました。

午後にお母さんのいる家に帰る子供たちはマイペースでゆっくりとお昼寝をしたり、自宅でくつろいだり出来るのでしょうが、ワーママの子供たちは4月から始まる民間学童で午後の時間を過ごすことになるため、最初は体力的にかなりキツイことがあるかと思います。

我家の場合は、春からいきなり環境をガラリと変えたくなかったため、年初の1月から新しい民間学童に通い始めましたが、夕方お迎えに行くといつも娘の機嫌が悪いのはこの辺りのストレスなんじゃないかと思っています。

また、お迎えの時間に本当のお母さんが来ない、という状況に我が子をおくのもワーママにとっては腹をくくるしかないところです。なれるまではなんとか職場に無理をお願いして、日中の中抜けをさせて頂いていますが、初日からシッターさんのお迎えというのはかなり厳しいことが分かります。

実際に自分がお迎えに行って、気づいたことが幾つもありました。

子供たちの服装(日中は汗をかくくらい暑いので半袖にしようとか、カーディガンをもたせようなど)だったり、子供たちが持参する水筒のタイプ(ステンレス製の重い水筒は少なくて、プラスチックで飲みくちが一体型になったストローでない形状のものが春から夏にかけてはベスト)に気づいたり、そして何よりも自分の子供が初めての環境でとても頑張って数時間を過ごし、多くの保護者の中から自分のお母さんを探そうとしているところに自分がいれることの幸せ感だったりしました。それに、お迎えの後にしばらく子どもを他の園児と遊ばせることも出来たりして、やはり週に一度以上は自分でお迎えに来たいな、と思いました。

そして、保育時間中に親同士がお茶をして情報交換したり、親同士が仲良くなってお家に呼び合ったり、あるいは降園後にお稽古に向かったりと、時間の過ごし方が全然違うので、(まぁ、このあたりは想定の範囲内ではありますが)ワーママとしての割り切りを腹に落としておく必要がありそうです。

20140411-222148.jpg

さて、こんなふうに不安に思うことも多々ありながらのスタートとなりましたが、不安が的中というかなんというか、初日のお迎えには少々がっかりしました。

というのも、最初は私を見て泣いて抱きついてきた娘が、園庭で他のこと遊びだすとそっちに夢中になってしまい、帰ろうというと半ばキレ気味に泣きだしてしまい、初日の緊張感の糸が切れたのと疲れが相まって、幼稚園の中で30分ほど大音量で泣いて暴れるという事態になってしまったのです。

さっきまで天使のような笑顔を見せていた我が子が「ママなんて嫌い」と言って何度も叩いてくるので、帰り道すがら本当に辛い思いをしました。子どもがこんなふうにストレスを抱えるくらいなら保育園にいたままの方が良かったんじゃないか、とすら思えてきて・・・。

ですが、(食事を作るのすら面倒になり外食したイタリアンレストランで)娘が落ち着き、「このパスタ美味しいね、さっきはごめんなさい」などと謝ってきたので、「ようちえんが嫌いならもう行かなくていいわよ。保育園にもどる?」と言ってみると、頭をブンブンと振って「ようちえんは大好き。楽しいからまた行きたいの!」と言っていました。

なんせ発散型の子どものようです。大泣きしたのは幼稚園から帰りたくなかったから、だそうで。

新しい環境への適応は、子どもも全力なら親も全力で受け止めていくしかないようです。敢えて幼稚園という選択をしたことで、私生活にも仕事面にも相当負荷がかかっているような状態であることは否定できません。

幼稚園を全てのワーママにお勧めするわけではありませんし、まだ若くてキャリアの発展段階の方や勤務時間帯の柔軟性があまりない職業のワーママさんだったら、保育園のメリットをたっぷり享受しつつ、子どもの発育面で工夫できることを取り入れていくというやり方でも十分良いと思います。

子供のことだけを考えると、保育園よりは幼稚園の方が良い点がたくさんありますが、最後は総合判断ですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中