Geting out-of-the-box to have everything / 「仕事をしていると完璧は無理」はウソ

In Japan, there are so many women who quit work when they get married, and more women do the same when they get pregnant. People would pressure you to stay home by saying ‘you cannot be possibly have both children and work outside family’ or make you feel guilty by claiming ‘poor children at daycare lack love from their parents’ and so on.  What is tricky is that those who say such do believe that they are so right and make all of those ‘advice’ and ‘suggestions’ from good intentions.

I do not buy any of that, and believe in the simple fact that if one can be so productive and efficient, that you can still get your jobs done by wearing multiple hats with many different responsibilities.  When people try to put you in a small box filled with old conventions, you should fight back to protect your own interests for the best scenario of your life.

When I had my first child and tried to go back to work, my mom seriously worried that the time she spends at daycare could negatively impact the development of her grand child.  As an inexperienced mom, I worried a lot, too.  But making one step ahead to see if it would be that bad, I found it totally opposite and felt how wonderful the daycare was — childcare specialists feed back what happened in each day, dedicated nutritionist and cook served preservative free meal everyday,  kids learned ways to socialize each other through playing and daily activities.  Nothing replaces the importance of a mother, but there are ways for moms to use external support to have her own life and still is a good mom.

キャリアママをしていると時に色んな事が同時に上手く行かなくなって空回りしたり、身体や気持ちが疲れ果てるなど、どうしようもない袋小路に迷いこんでしまったような気持ちになることがありますよね。

そんな時に周囲から「頑張らなくてもいい」とか「育児も仕事も完璧は無理」などと声をかけて頂いたとして、どんな気持ちになりますか?

そう言ってもらえると気が楽になる・・・という方が多数派だという認識なのですが(ネットなどでワーママを慰める場合に善意のコメントとしてよく見かけるので)、私の場合は少々違います。「本当にそういう納得感でよいのかしら?」と思ってしまいます。

なんとなく、世の中の多数派と自分の感じ方が違うことに違和感を感じていたのですが、先日、ある書籍に目を通していて、なるほど!と腑に落ちたのでした。その本のテーマは「中学受験」で、働くママのこととは何ら関係のない分野のことだったのですが、あるテーマを巡っての「思い込み」があるという点で共通している、と感じました。

一般的に中学受験というものは親が係る最後の受験といわれ、まだまだ遊び盛りの小学生を無理やり塾に通わせるのが可哀想だとう見方があります。そういう論調の主な意見は、遊ぶ時間を削ってまで勉強を詰め込むべきではない、というもの。

それに反論する事実として、中学受験を視野に入れて塾通いをする小学生(5,6年生)とそうではない小学生(左と同学年)の一日における勉強時間と遊ぶ時間を比較したデータが使われていたのですが、それがなかなか面白いのです(ベネッセ教育総合研究所の『放課後の生活時間調査』2008年)。

結果から言うと、塾に通っている子供は、そうでない子供よりも生産性が高いという事実が浮き彫りになっています。

まず、塾にも習い事にも行かない子供の遊び時間合計(178分)と勉強時間合計(54分)に対して、塾に行く子供(習い事はなし)の遊び時間合計(98分)と勉強時間合計(175分)ということで、それぞれ遊びと勉強にかける時間が逆転しています。一見、「塾通いで勉強を詰め込んでいる分、遊びの時間が削られている」という主張をサポートしているように見えますよね。

でも、興味深いのは、両者の時間の合計に44分の差がでていること。塾に行っている子供はそうでない子供の勉強時間(54分)よりも、44分多く(98分間)遊んでいるという事実。塾に通う時間を捻出するために、全体的な活動時間が伸び、遊びにも注力しているようなのです。

このことを読んで、「働くお母さんについても同じことが言えるのではないか」と、気づきました。

仕事をしていると家事に手を抜き、教育に手を抜き、全てのことが疎かになる・・・と思うかもしれませんが、だらだらと時間を過ごすことが結果につながるわけではありません。

ワーママという厳しい現実を生きていると、正直なところ時々心に迷いが生じます。一日の大半を仕事に費やしていてよいのか、子供の発達上のサインを見逃していはいないか、働いているというのは自分だけのエゴではないか・・・などなど。でもそんな時こそ、因果関係や事実を正しく認識することが重要になります。

上の例で言うと、「中学受験は可愛そうだ」という単純な「思い込み」が子供の将来を奪う(可能性を狭めたりチャンスを奪う)ことがあるということになりますし、ワーママの例に置き換えると、「仕事をしていると完璧は無理」という思い込みが、仕事をしていることのメリットから目を背けさせ、何とかしないといけないという混乱の極みから、仕事を辞めることを決断することにもなりかねません。

自分が辞めたいのならそれでもよいですが、子供のために、家族のために、一大決心をしてそれまで頑張ってきたキャリアやせっかく手にした仕事を手放したとしたら・・・案外そのことが何の効果も生み出さなかったという誤算にもつながることを指摘したいと思います。

仕事さえやめれば上手くいく、家に入れば子育てをしっかり出来る・・・そんな思い込みで正社員職を手放したばかりに、子供が10代になって本格的に教育費がかかりだす頃に後悔する事になるかもしれません。

もちろん一方で、「働いているから全てがうまくいく。ワーママだからこそ完璧にできるんだ」などという、スーパーポジティブ思想も危険です。「思い込み」や「事実の誤認」リスクという点では上と同じですね。必要なのは「冷静に」自分を取り巻く事実関係をちょくちょく見直してくことしかありません。

仕事も家庭もと欲張っている分、時に大変なのは当たり前のことなので、だからこそ余計に大切な家族や子供たちとのかかわり合いについて向き合っていかなくてはなりません。

ひたすら時間をかけたり、家にいることだけが 最善の策ではないと思うので、「働いているから完璧は無理 → 仕事を辞める」という短絡的な考えに陥りませんように。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中