Nursery / 保育園

Just renewed the daycare contract / 保育園と来年度の契約を更新しました

20140306-202120.jpg20140306-202127.jpg

先日お伝えしたとおり、今年に入ってから週に二日はこれまでの保育園に二人の子供を送迎し、別の二日は娘だけ別の託児所(幼稚園の後の保育をしてくれるスクール)に連れて行くことにしています。その結果、朝晩の送り迎えにそれぞれ二時間近くかかるようになってしまい、弟を保育園に連れて行く時間が午前10時近くになってしまうことが何度か起きてしまいました。

保育園を利用されている方はご存知かと思いますが、午前と午後の日課が決められていて、お散歩、食事、お着替え、お昼寝といったことが規則正しくスケジューリングされています。我が家の利用している保育園の場合、9時半までに子供を連れてくことが原則で、10時には朝のお散歩に出かけてしまうので、この時間を過ぎてしまうと、次は10時45分まで登園を見合わせないといけません。(このため、何度か息子をオフィスに連れて行って一時間ほど仕事をし、11時前に保育園に駆け込むこともありました。

高額託児施設のような場所だと「お金払っているからいつ連れて行ってもいいよね」という消費者的感覚があるかもしれませんが、行政の助成金が入った認証・認可保育園は「子供を預かってもらっている(リーズナブルな金額で)」といった現実があるので、「お約束の9時半までには連れてきてください」と何度か注意されることがあり、その度にヒヤヒヤします。

朝の遅刻が重なって「保育園中退・・・」などという不名誉なことになったらどうしよう(上の子を幼稚園に入れたいと欲張ったばかりに・・)、と内心ブルーが入る日々でした。

本日、4月以降の契約更新(息子の)があり、園長先生と契約内容の読み合わせが行われたのですが、契約解除事由に該当するケースというのは、保育料の不払い、虚偽の申告、重大な背信行為などなど、かなりシビアな規則違反がない限り難しいということを再確認して、胸をなでおろしたような次第です。

もし、ある日突然保育園の契約を解除されてしまったら、仕事の継続は難しくなりますし、その理由が朝の遅刻だとしたらかなりマヌケな話ですよね。。園長先生と保育士さんには「いつも遅刻でごめんなさい」と謝罪することしきり(でももう既に何度も頭を下げていて、口ばかりの自分がいて嫌なものです)。

あぁ、何とかしなければ。子供たちを朝、一時間早く起こせば何とかなりそうなものですが、そのためには一時間早く寝かせる必要があり、これが大変難しい・・・。

 

 

 

 

広告