Nursery / 保育園

Just renewed the daycare contract / 保育園と来年度の契約を更新しました

20140306-202120.jpg20140306-202127.jpg

先日お伝えしたとおり、今年に入ってから週に二日はこれまでの保育園に二人の子供を送迎し、別の二日は娘だけ別の託児所(幼稚園の後の保育をしてくれるスクール)に連れて行くことにしています。その結果、朝晩の送り迎えにそれぞれ二時間近くかかるようになってしまい、弟を保育園に連れて行く時間が午前10時近くになってしまうことが何度か起きてしまいました。

保育園を利用されている方はご存知かと思いますが、午前と午後の日課が決められていて、お散歩、食事、お着替え、お昼寝といったことが規則正しくスケジューリングされています。我が家の利用している保育園の場合、9時半までに子供を連れてくことが原則で、10時には朝のお散歩に出かけてしまうので、この時間を過ぎてしまうと、次は10時45分まで登園を見合わせないといけません。(このため、何度か息子をオフィスに連れて行って一時間ほど仕事をし、11時前に保育園に駆け込むこともありました。

高額託児施設のような場所だと「お金払っているからいつ連れて行ってもいいよね」という消費者的感覚があるかもしれませんが、行政の助成金が入った認証・認可保育園は「子供を預かってもらっている(リーズナブルな金額で)」といった現実があるので、「お約束の9時半までには連れてきてください」と何度か注意されることがあり、その度にヒヤヒヤします。

朝の遅刻が重なって「保育園中退・・・」などという不名誉なことになったらどうしよう(上の子を幼稚園に入れたいと欲張ったばかりに・・)、と内心ブルーが入る日々でした。

本日、4月以降の契約更新(息子の)があり、園長先生と契約内容の読み合わせが行われたのですが、契約解除事由に該当するケースというのは、保育料の不払い、虚偽の申告、重大な背信行為などなど、かなりシビアな規則違反がない限り難しいということを再確認して、胸をなでおろしたような次第です。

もし、ある日突然保育園の契約を解除されてしまったら、仕事の継続は難しくなりますし、その理由が朝の遅刻だとしたらかなりマヌケな話ですよね。。園長先生と保育士さんには「いつも遅刻でごめんなさい」と謝罪することしきり(でももう既に何度も頭を下げていて、口ばかりの自分がいて嫌なものです)。

あぁ、何とかしなければ。子供たちを朝、一時間早く起こせば何とかなりそうなものですが、そのためには一時間早く寝かせる必要があり、これが大変難しい・・・。

 

 

 

 

Almost twins / 年子育児

1 1/2 old’s infantile regression / 一歳半の子の赤ちゃん返り

 

One and a half years ago, my son was born and my daughter (then, 1 1/2 years old) went into infantile regression.  She screamed and wanted to be held, every time I picked up the son who was also crying for breast feeding and wanting affection.   Toughest days lasted for a few weeks, then gradually softened, but it took several months to say the least.  As an inexperienced mom, I concluded almost all behaviors of my daughter as regression, but I guess I was wrong.  Seeing my son who turned into 1 1/2 years old, he acts so much alike his sister, even though he does not have a younger sibling.  After all, it could have been just the unique acts coming from this special age.

一年半前に下の子が生まれた時、上の子が一歳半でした。赤ちゃんが赤ちゃん返りしたような感じで、私が下の子を抱く度に大泣きしては「ママ~、ママ~」、「抱っこ~」と足にしがみついて来る度に、同時に新生児と三歳児を同時に抱っこすることができなくて、胸が痛んだ日々を思い返すことがあります。

究極の状態は数週間で終わりましたが、その後も上の子のグズグズと、哺乳瓶でミルクを飲みたがる状態は数ヶ月間ほど長く続きました。初めての年子育児で「赤ちゃん返り」の対応の仕方がよく分からなかったのですが、ひたすら「上の子の心のケア」を心がけるようにしていて、それ自体は間違っていなかったと思うのですが、今ちょうど一歳半の下の子を見るにつけ、ひとつわかったことがあります。

それは一歳半という年齢の持つ特有さというもので、自分の思い通りにならないとギャン泣きしたりキレる、母親を独占したがる、急にご機嫌になるなど、「なにか精神的に不安なのではないか?」と思わされるような行動にでることが目立ちます。

育児本などを見ていてもこれはよくある現象のようで、自分を取り巻く世界、特に親に対してどこまでワガママが許されるのかを試したくなる時期で、成長段階の一つだと言われているようです。

我家の場合、一歳半差の年子ということで、この時期の上のこの言動は下の子が生まれたことによる精神的不安が原因かと思いがちでしたが、仮に一人っ子だったとしても、大泣きしたり、キレたりしたのかもしれません。

ベビーの時は泣いていても(上の子が優先だったので)ベッドで横たわっていた可愛そうな息子でしたが、今では時々甘えてくる上の娘を抱っこすると突進してきて、「抱っこ~」と訴えます。一歳半になると物理的に自分の欲しいものを奪う体力と言語力がついてくるということなのですね。

そんな息子の反応を見て、お姉ちゃんはパッと私から離れたりするので、今度はそっちが不憫になりますが。。。時間をずらしてそれぞれに構ってあげることでしか対応できないですね。

似たような年齢のお子さんをお持ちのお母さま、一歳半~二歳半というのは特殊な年齢です。急にキレたり大泣きしたりするのは、この年令ではふつうのコトだと思うだけで気持ちが楽になるかもしれません。