サクラサク

長かったような、あっという間だったような幼稚園受験もようやく終盤を迎え、我が家にもついにサクラが咲きました☆

希望していた幼稚園から入園許可証が届いたときは本当に嬉しくて、でも幼児教室の先生からは「結果がどちらにでても子供には決して合否を伝えてはいけない」と言われていたので、表面的には平静を装っておりました。

幼稚園の受験は本当に「運」としか言いようのない部分が多くて、当日のお天気や時間帯、子供の機嫌やムードなどどうにもコントロールできない要因に大きく左右されますし、兄弟枠やご紹介枠などでどんどん順番が抜かされたりします。

我が家の場合は夫のスケジュールが3か月ほど前から検査予約で埋まってしまうため、幼稚園考査にありがちな「いつからいつまでの二週間のどこかで一時間ほど」というような要請にはなかなか応えきれないものがあります。

よって、ほとんどが母子面接の状態で、父親不在の欠席届を持参することになりました。

考査の結果に心が揺さぶられるのは本当に馬鹿らしいのですが、やはり子供の良さが思うように出なかったりすると、日頃の子育てが否定されてしまったような気にもなれば子供の情緒面での発達に不安を感じることもありました。

ある意味、たかが幼稚園とはいってもまだ3つや4つの子供に対して考査が行われ、合格・不合格という結果が伴うというのはとても残酷なことです。

特に、日頃保育園に子供をお世話になっているワーママの場合、それが普段の育児を人任せにしているからだと邪推される可能性もあったりして、精神的に追い込まれるような気持ちになることもあるかと思います。

私のつたない幼稚園考査の経験を通して観察したことを今後数回に分けてエントリーしていく予定です。

中にはワーママでよかったと思えることもありますし、ワーママだからこそ踏んではいけない地雷のようなものも、今後幼稚園をお考えの働くお母様方にお伝えできればと思います。

さて、今日は会社のスターバックスでホリデーカード(ドリンク一杯無料券付き)とジンジャーブレッドクッキーを人数分買ってきて、部署の人たちにささやかながらハッピームードのお裾分けをしました。

皆は「え、何?出遅れたハロウィン?」という感じでしたが、「ひ・み・つ」というと、恐れられてしまいました(笑)。

{3182CD77-75A0-4AD1-B07D-9F49CF5B7CE0:01}

 

割れると微妙な人型クッキー。これは自分向けということで。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中