Education /子どもの教育

港区の図書館

久々の更新となってしまいました。
 
引っ越しがひと段落してからというもの、一気に脱力してしまい、片付けが八割方終わったあたりから日常生活を送るのに支障がない分、作業が進まなくなり・・・。
 
とはいえ、今週が Thanksgiving (収穫祭), 来月に入ると Christmas ということで、それまでに何とか家の中を片付けよう!と再び家のことにハマっておりました。
 
 
{D7B91311-2E29-4FCF-94F9-5A5B62218E97:01}
 
 一方で、新しいご近所探索にも楽しみを見出しながら、先日は子供たちと一緒に徒歩圏内の図書館に行ってきました。
 
社会人になってからというもの、めっきり遠藤くなっていた図書館。
 
欲しい本は書店かアマゾン、Kindle (電子書籍リーダー端末)でワンクリック購入できてしまう手軽さから、ついつい買ってばかりです。
 
 
子供の本にしても何度も読み返すものなので買えばいいやと思い込んでいたのですが、先日見学に行った保育施設では
 
子供の背の高さしかない比較的小さめの本棚のうち半分くらいを二週間ごとに図書館の本と入れ替えることで、年間何百冊もの本を置いている効果を出していると教えてもらいました。
 
貸出枠が一人につき10冊で貸出期限が二週間ということなので、三名分のカードで一度に30冊、月間60冊、年間700冊以上もの本の入れ替えが理屈上は可能ということになりますね・・・。
 
 が、運搬面の問題があるため、とりあえず5冊だけ借りてみました^^。
 
 
 
{5E6C5E33-436C-48FF-B215-1B430FBD8B9C:01}

久々に足を運んだ図書館の児童書コーナーには図書館にはやっぱりこれがなくっちゃね、という感じの世界文学全集。

自分でこういうのを読めるようになるのは小学生低学年くらい・・?一気に世界が広がって本好きになっていく(なってほしい)時期ですね。

 

{26AFBBF1-B50A-4983-97EE-6E90283E5272:01}

幼児本コーナーにもたくさんの推奨本が置いてあり、子供たちは楽しいひと時を過ごしました。

娘は覚えたてのカタカナと、大分馴染んできたひらがなを声を出して読むのが楽しいらしく、あれこれ手にとっていました。

 {F507A122-A9C6-4FB8-A8C1-8182746165E1:01}
 
季節の本コーナー。
 
 
 
{B58E8AE7-5FEC-4BD3-A8BD-F062B123A506:01}
 
大型本や紙芝居も何冊かあり、貸出も可能だそうで。
 
自宅に子供たちを招いてパーティをするときなどによさそうです。
 
 
 
{3965D176-0150-4D81-A5E1-EF52D0C3E389:01}
 
大使館の立ち並ぶ場所柄、海外の絵本もありました。
 
外国の絵本は一般の書店ではあまり見かけず、珍しいので貴重です。
 
色彩が豊かなものやデザインが斬新に見えてなかなか新鮮。
 
 
{01D6A514-744A-4181-B095-79369E01FF54:01}
 
 
そして、さすがは最近の図書館。
 
年子のママにはうれしい授乳室も完備されていました。
 
 
そうそう、子供たちが絵本を開いている間、私はたまたま閲覧した
 
『13歳のハローワーク』を読みふけってしまいました。
 
 
村上龍さんが監修をされているだけあってなかなか読ませる内容です。
 
 
医師や会計士などの定番の職業だけではなく
 
義足を作る職人さんからパティシエなど
 
それぞれの職業の見かけの印象から実際の仕事の中身や面白さ、
 
仕事に就くための方法などが盛り込まれていて
 
今自分が13歳だったら、職業選択の幅広さにクラクラしてしまいそうな一冊でした。
 
 
上の本の公式HPも見つけましたよ(→こちら )。
 
 
子供たちが小学校の中学年くらいになったら読ませてみたいです。それまで、できるだけあらゆる分野のポテンシャルを潰さないように気を付けていきたいと思います。
 
書店では足を運ばない場所においてあるような本をふと手に取れるのも図書館ならではの良さですね。
 
 
また、行こうと思いました。
 
BLOG / ブログ

Bondi Cafe (広尾)

今朝は子供達を夫に預け、カフェごはんを頂くという贅沢時間を持てました^_^
行き先は日比谷線広尾駅、天現寺出口からすぐの場所にあるBondi Cafe (ボンダイカフェ)。店内はハワイのインテリアと幾つものモニターで映しだされるサーファーの映像でとってもはワインな雰囲気です。天然木のテーブルやソファー席もあって、とても落ち着くのですよね。
{996141ED-D1C6-40CB-8815-7A573E65050B:01}
みずみずしい野菜がたっぷりのバーニャカウダ。
{D0457446-560B-4CEB-BA19-A3FE72BC8516:01}
全粒粉パン。
{0BFFEC2B-5E23-458D-AC9C-88D894C9CD08:01}
デザート代わりなカフェモカ。
アラカルトで好きなものを選んで食べる幸せを感じました。
この他、丼ものなどもあって、小さな子供連れでも食べれるメニューです(離乳期以降)。
Special Occasions / イベント&記念

娘の七五三(3歳)

 
{CD2CB706-E16F-451F-89BA-C695A584640A:01}
早いもので、今年は長女の七五三です。
先週は写真館へ家族揃って前撮りに行き、今週は七五三詣に行ってきました。
キリスト教徒が神社に参拝するのは節操がないという阪神タイガース教の原理主義者の夫。
そういう自分も盆暮れはしっかり休んでいるじゃないか、と思いつつ・・国民的行事として七五三のお祭をしてきました^^。
 子供の幸せを願う親心が勝りますし、何よりも幼くて可愛らしい着物姿を見られるのは今だけですからね。
{05AB953B-7521-49B3-95B0-25F19758F501:01}

次回(7歳)のときには、このポンチョのような被布は卒業し、大人と同じ帯締めになりますので、こんな着物姿も今だけです。

{946D3A17-E823-4501-89E0-7E80F0E2E188:01}
そういえば、これまで思っていたのは

男の子は5歳しか七五三のお祝いをしなくなっているようですが、

息子も三歳になったら着物姿を写真に収めておきたいな、

ということでした。
が、実際に、着付け→移動→待ち時間→祈祷→移動という一連の経験をしてみて、女児が3歳、男児が5歳以下だと耐えられないのでは・・?ということを妙に実感してしまいました。
{D1639569-542E-4075-B247-5B1E95C9EE06:01}
草履を頑なに拒絶されたため、足元は靴でした(せめて写真撮影のときだけでも履かせるべきでしたね・・)。
外国人観光客に写真をたくさん撮られてしまったため日本文化が誤解されてしまったかも知れません・・・(汗)。