子供の頭の中はおもしろい

去年から今年にかけて春から夏にかけてスイミングに通い、秋から冬にかけてキッズジムに入れるというサイクルにしてきました。

娘が通っていたキッズジムは英語のネイティブスピーカーの先生たちが簡単な語りかけをしてくれる教室だったのですが、スイミングに切り替えて数か月が経つ今になって、ほぉ~、英語脳ってこんな風に残るのね、と思うことがありました。

バイリンガル教育を強制することのデメリットについては多くの方が指摘されているので素人が変なことをしない方がよいという考えに立ち、まずは母国語としての日本語を大切にすることにしていますが、そうはいっても英語に触れるチャンスくらいは残しておきたいものです。

うちの子供たちは普段の生活では、保育園でも家でもほとんど日本語オンリーの環境にいるので、もう英語はほとんど分からないだろうと思いつつ、長女に英語で語りかけてみたところおもしろい反応が出てくることに気づきました。

こちらが Thank you! と英語で言うと、「ヨーァウェールキャーム」と返ってくるし、Here you go! (どうぞ)といって物を渡すと、「サァーンキュー」 とか、「グッジョーブ!(Good job)」いう返事になります。

逆に「これどうぞ」と日本語で言うと、「ありがとー」と切り替わってくるから不思議です。

そのまま英語で話し続けると「ママ、やめて。それはジムのせんせい」と自分では理解できない言葉に抗議してきますが、どうやら言語が違うということは認識しているようです。

一体どういう風に理解しているのか分かりませんが、深く考えずにやり取りをそのまま覚えているのかもしれません。

こんな柔軟な脳にはどんどん刺激を与えたくなりますが、あまり詰め込まず、これからも英語に興味を持てるような機会を増やしていきたいと思います。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中