一歳児、二歳児との長旅の必需品

数週間前、子供二人(1歳と2歳)を連れて新幹線で長時間移動した時のこと。

退屈させないように絵本や玩具を持ち込みましたが、実際に協力な効果を発したのは幼児用の公文式の教材でした☆

子どもとの長旅の必需品

はじめてのえんぴつ―2・3・4歳 (うんぴつ (1))/著者不明
¥693
Amazon.co.jp

はじめてのすうじ―2・3・4歳 (かず・けいさん (1))/著者不明

¥693
Amazon.co.jp

他にも

きるくもん

はるくもん
おるくもん

 

といった工作主体のペーパー教材もでています。
乗り物での移動中にハサミや鉛筆を持つのは怖かったので、「折る」作業が沢山入っているドリルをカバンに入れておいたのですが、結局、一時間以上もこれにハマッてくれたお陰で、車両の中を行ったりきたりすることもなく、三時間の長旅を乗り越えることができました。

後日談として・・・娘がやたらと公文好きになってしまい、朝起きると「くもんやる~」、食事が済むと「くもんやりた~い」、寝る前にも「くもんやってから寝る~」。

幼児教室の先生曰く、くもんは(複雑な知育教材と比べると)なんとなくできてしまうので、好きな子が多いそうです。

子供を机に向かわせる手段としては良いのかも知れません。
iPhoneからの投稿

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中