Parenting / 親になる

子育てについてシスターのお話を伺いました

最近訪れたカソリック幼稚園の説明会で、シスターの園長先生がとても深い内容のことをお話されていました。

見せかけだけ大人になる人間はたくさんいるけれど、心の深い部分で自分への肯定感を持つための日々の経験を沢山つんでいなければ、後からいくら「人を想いやりなさい」といっても無理なのだそうです。

さらに、人は誰しもが自分自身を作るという人生の宿題に取り組んでいて、幼少期においては自分での自立するための経験をたくさん積み、思うように何かをコントロールできないもどかしさを乗り越えて、「できたー!」という成功の喜びに至る体験を何度も重ねることで、他の人が何かを成し遂げた時にも自分のことのように喜べるようになるといいます。

大変重要なことです。

長い人生の中で、自分の人生だけ上手くいっていないように思えたり、ちょっとした他人の言動に傷つくような想いをすることもあるでしょう。

そして、その時に自分がどういう行動をとるかでその人の真価が問われます。

人のせいにしたり、誹謗中傷して気分を紛らわすこともできるし、自分の心のあり方や物の見方を修正すればいいんだ、ということに気づくことだってできるわけですね。

ちなみに、後者は知性と精神力というダイアモンドがキラリと光る人です。

誰しも原石は持っているはずですので、後はそれをどうやって磨いていくか、ということが上のお話にでてくる「人生の宿題」です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中