Kindergarten / 幼稚園

子供にとって天国のような幼稚園

快晴の日曜日となった今日、幼稚園のバザーめぐりをしてきました。まずは目黒にある人気の幼稚園からスタート。

都心にあるとは思えないくらい自然に囲まれた環境です。

2013-05-19 10.37.38
園庭を木立がぐるりと囲み、門の傍には小さな花壇と二階ベランダには畑スペースが広がっていました。

木造の園舎は歴史が感じられる古い建物で教室においてある建具や家具も年季が入っていて、どこか田舎の学校にワープしてきたような気分になりました。

 

園の中に一歩足を踏み入れる手前の人の行列のところから、すでに園や保護者の方々がこのイベントに注ぎ込むただならぬエネルギーを感じてしまいました。

父兄の寄付で行われる物品販売のコーナーには保護者の手作り作品がずらりと並び、ちょっと見たことのないような品揃えの品々が並んでいて(しかも少し時間が経つとどんどんでてくる~)、通園グッズやおもちゃ、高級子供服ブランドの新古品などが飛ぶように売れていました。

上は「母の手作りクッキー」コーナーの商品です。手作りながらそのバリエーションといい、数といいとてもプロっぽい仕上がり☆

これだけの準備をするのに一体どれくらいの準備がかかったことでしょう。

ゲームコーナーも充実していて、子どもたちが長蛇の列を作っていました。

二歳児が参加できたお魚釣りでは在園児の存在が感じられました。

園児たちもこんなところでバザーに貢献していたのですね。

さて、在園児の保護者の方からいくつか参考になるお話を伺いました。この園に限ったことではなく、一般的に参考になることですので書いておきます。

まず、私がこちらの園を「ぜひ見ておきたい!」と思ったのは、自然が豊かで開放的で子どもたちがとても幸せそうにしている園ということで評判が高いので、一体どんな園だろう?と興味を持ったことと、預かり保育があるということでどんな風に運営されているのかを知りたいと思ったからでした。

午後の遅めの時間帯まで延長保育してもらえると幼稚園で遊び足りない時間をお友達と過ごすことができるし、その後シッターさんに迎えに来てもらったら午後の時間をずっと民間の保育サービスで過ごすよりもよさそうだし、コストも抑えられるかもしれないと思ったのでしたが・・。

こういう頭でっかちの計算は往々にして現実を目の前にするとあっけなく打ち砕かれてしまうものですが今回はその良い例だったようです。

まず、ここは確かに子供をのびのびと育てるにはとてもよい園だそうで、子供の主体性を重んじる風潮があり、強制的に子供に何かをさせるということがあまりないということは前評判通りのようでした。

ただ、そういう本当に子供のことを配慮した園の姿勢や環境を維持していくには保護者の方々(多くの場合はお母様方)の多大な貢献がベースになっており、園任せではなかなか実現できないのです。

その結果、保護者のあいだの専業主婦率が必然的に高くなっていて、退園時にお茶をしたり子供を一緒の遊ばせたりと交流が深いのですね。

こういった環境のなかで親同士の交流のない子供がいると徐々に浮いてきてしまう可能性があったりします。

働くお母さんが子供を幼稚園に行かせる上で、他の保護者との横並びや関係性というのは想像以上にインパクトが大きいのではないかと感じました。

また、もう一つの重要ポイント、預かり保育についてですが、これは一般的に民間の託児サービスなどと比べると安価なので魅力を感じるところではあるものの、必ず子供が馴染めるかというとそうとも限らないという視点を得ました。

例えば午前中の先生とは違う先生がつくといった条件的なことだったり、延長保育の制度はあるけれど、実際の利用者は専業ママのお迎えのある子供が殆どだったり、あるいは制度的には午後5時まであるけれど実際に夕方まで残る子は殆どいない・・・というようなケースも別の園などで聞いたことがあります。

単純に預かり保育があるから便利!とそろばんを弾いたり、ワーキング・マザー向けだと結論づけるのは早急だということでしょう。

お迎えの時間が5時だとして、それまでに他のお友達がどんどん帰って行ったり、自分だけお母さんが来てくれないとなると子供は孤独感を深めることになってしまいますからね。

それなら午後7時まで保育園でお友達と一緒に騒いでいる方が子供にとっては楽しいに違いありません。

気になる園に預かり保育があったとしても、直ぐに飛びつかず、その実態について慎重に調べる必要がありそうです。

もし、預かり保育という幼稚園の機能を過大評価して幼稚園選びをしたとして、実際の入園後に子供が預かり保育に拒否反応を示したとしたら、それこそ仕事を辞めるか、幼稚園を辞めるかという岐路に立たされかねないので、この問題は慎重に慎重を重ねて準備していきたいポイントです。

そして、一口に「人気のある幼稚園」だといってもワーキング・マザーである保護者の個々の制限を考えた時に、親子相互にとってそれが良い環境となり得るか、という視点で見直すことが必要ですね。

どれが自分たちにとって良い幼稚園かということの答えは一つではないということになります。

母親にとって楽な環境、無理を強要されすぎないレベル感の園を選ぶという(例えばワーママ率が高いとか)ことも、子供にとっての幸せにもつながるのかなという気がしてきました。

 

iPhoneからの投稿

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中