幼稚園か保育園かという選択

数か月前に女優の小雪さんが公立保育園の申し込みをされたところ、セレブは幼稚園に行け!とばかりに待機児童の母親たちから激しくバッシングされたことがありました。

今のところ、夫婦共働きの子供は小学校入学までは保育園、専業主婦の家庭では三、四歳になると幼稚園に行くという図式がポピュラーだということからして、上の「セレブは幼稚園へ」ということの意味合いは未就園児の間は自宅でシッターでも雇ってほしい(そして待機児童の列には並ばないで!)ということなのでしょう。

それにしても、幼稚園に通うのは専業ママかセレブの子供でないと無理な選択肢なのでしょうかね??

今後探って行きたいと思います。

保育園を実際に利用してみて思うのは、夏休みなどの長期休暇もなければ、土曜日や夜間も預ってくれたり、捕食や夕食までだしてくれて、本当に親の目線に立って至れり尽くせりな施設だということです。

でも、来年、三歳を迎える娘のことを考えるたびに、このまま保育園でいいのか、幼稚園に通わせるべきか迷うことしきり。

自分にとっては保育園がダントツ楽ちんですが、子供にとって二度とない三歳から五歳という時期をどう過ごさせるかという目線で考えたらどうでしょう???

でも、幼稚園に入ったところで無理がたたっても本末転倒だし・・ということで、ぐるぐるぐるぐる・・・・思考がめぐっておりました。

結論からいうと、幼稚園が終わった後の毎日のお迎えの夕方までの保育のあてがつけば、外で仕事をしているお母さんでも幼稚園に子供を通わせることが可能ですが、家族や親族の助けがない場合は、都心では最近良く見かける様々な保育サービスに頼るしかありません。

というわけで、ある程度はお金で解決するしかない、ということがいえると思います。

つまり、セレブというと大げさですが、そこまでいかなくても、外で働くお母さんが子供を幼稚園に行かせようとする場合、認可保育園ではダブルスクーリングが認められていないため、必然的にアフター幼稚園の保育手段を個人的に講じる必要が出てきてしまうということですね。

そんな中、三名の凄腕ワーキングマザーのことを知りました。

おひとりは既に二人の子供を中学に通わせ、専業で有名私立幼稚園に通わせてガッツリと教育ママをしたという経験を踏まえて、まだゼロ歳児の三人目のお子さんについては朝7時~夜7時まで預ってくれる民間の乳幼児施設(保育園よりも知育的なことの面倒を見てくれるそうです)。

三人目ということで、それでも大丈夫だという確固たる信念と、安心感を持たれているので、「そんなものかな」などとまだまだ迷いの多い私などは思ったりしました。

もう一人は女性弁護士さんで、職場の同僚の奥さんなのですが、幼稚園は無理と割り切った上で、認可保育園を週に三回と保育機能を備えた幼児教室へ週二回子供を通わせて、お稽古事や自宅への送迎サービスもついているということで、自分の負荷を削りながらも子供にも十分な配慮をしているパターンです(こちらは経済的には「セレブ型」といえるでしょう)。

最後は幼児教室で知り合ったキャリアママさんのですが、子供をどうしても幼稚園に通わせたいので、降園時の送迎はシッターさんにお願いして幼稚園児に対応している学童保育に入れる予定だとおっしゃっていました(理由は上の「セレブ型」だとお金が大変だということでした)。

確かに、小学校入学前については義務教育ではないことからも、保育園か幼稚園という紋切り型の考えから広がって、上のような組み合わせによる変則パターンがあってもいいですよね。

さらにはインターナショナルスクール(午前)とシッターや学童(午後)の組み合わせなど、一昔前はお金で買えなかったサービスが今では沢山出てきているので、選択肢が多すぎるくらいです。

こんな風にいろんな方のお話を聞いて行くにつれ、親が共存できる形でできる限りのことを子供にしてあげることができれば、十分だという気がしてきました。

というわけで、幼稚園の可能性について探りつつ、来年以降の保育形態を最終的にはどこに落とし込もうかということを決めるというゴールが見えてきました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中