Parenting / 親になる

親になってから迎える父の命日に思うこと

4月10日-今日は父の命日です。

子供の頃は毎月家族でお墓参りに通っていましたが、実家から離れて暮らすようになってからはお墓参りは地元にいる家族に任せて、心のなかだけでお祈りするようになりました。

父が亡くなったのは私が2歳10ヶ月、妹が1歳3ヶ月。

二人の子持ちとなった今年の命日にはその重みを特に感じます。

今、上の娘がちょうど二歳と二ヶ月なのですが夫と遊んでいるのを見たりすると、この月齢の可愛い姿(自分で言うのも変ですが)は父にも見てもらうことができたんだな~、などと思ったりします。

それと、父が亡くなったのは出張中の突然の事故だったのですが、そのせいか、妊娠中もそうでしたが子供が生まれてからは特に、階段を降りるときも、道路を渡るときも、いつでもどこでも「怪我したり死んだりできないな~」という緊張感がつきまといます。

ときどき家の中が散らかり放題だったり、お料理が嫌になって外食に頼りがちなダメ母ですが、これからの長い年月を元気に過ごして、子どもたちを見守っていきたいものです。

というわけで、今日はちょっとしんみり。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中