Education /子どもの教育

東京サドベリースクールの見学(後半)

さて、先日見学に伺わせて頂いた都内にあるサドベリースクールについての後記です。

実際に通われている生徒の方々がとても魅力的で主体的な人生を歩んでいることが言葉の端々にあらわれていたのは前半に書いたとおりです。

SS8

 

SS5
このような最先端の教育的な試みが今後も継続し全人格的教育として素晴らしい成果をあげられることを期待するばかりです。

ただ、自分の子供をこういった環境におきたいかと自問すると、今のところ、「要検討」というのがわたしの個人的な答えです(あくまで個人的な意見ですが)。

その理由は、今の段階ではまだまだ実験的なことやフリースクール卒業生のその後の姿というものが今ひとつよく分からなかったり、従来の教育が「与える」スタイルであることに対して主張される「引き出す」スタイルという方針が、どこか行き過ぎであるように思えるからです。

もう少し細かくみると、まず、日本で正規の学校(学校法の一条校)としては認められていないため、義務教育期間とかさなるフリースクール時代は、籍を公立の小・中学校に置く形をとり、高校に通う年齢の子供については高卒認定試験を受験しないと大学には進学できないそうです。

加えて、同じ「サドバリー」という名前がついていても、世界中にあるサドバリースクールはそれぞれが独自に創立されていて、あくまで任意でゆるく繋がっているという点(上のレベルの学校に進学する際の認定システムや海外の学校に行くときの国際バカロレアなどの制度も現状では整っていません)。

在校生の父兄の方にこの辺りの考えを伺ってみると、ご自身がサドバリーの教育方法を最善のものと思っているという強い想いがあり、いずれ世の中の理解が得られるように変わってくる可能性があると思われていることや子供の進学先も日本に限定して考えていないということでしたが、少々楽観的では?と思えるフシも見受けられました。

そして、一方的に「与える」ことを極力避けて子供の能力を「引き出す」ことに特化する教育スタイルについて。

確かに子供たちが自発的に何かに興味を持つことを大切にしたり、我を忘れて何かに集中している「フロー状態」を尊重するのはとても大切な視点だと思うのですが、ある程度の年齢、ある程度のレベルに至るまでは、大人が「教える(=与える)」ことをリードすることで刺激を与えたり未知の体験をさせたり、あるいは体系だった方法で先に知識を伝授することで段階的な学習に導けることのメリットは捨てがたいと感じます。

一つには、脳の臨界期の問題があり、自発的な内的動機を尊重するあまり、子供がいざ何かに目覚めてやりたいと思った時には既に年を取り過ぎているというリスクが大きくなります(絶対音感や英語の発音などは分かりやすい例でしょう)。

また、多くの分野で基礎的な知識や教養が欠落していると、その先にある面白さの領域に達しないことが多いということが言えます。大概の場合、この基礎的トレーニングはつまらなかったりしますが、そ無理矢理にでも幅広く学んでおくことで自分の専門分野にプラスの影響があるというようなことも多いので、「これを知っておくといいよ」というアドバイスの塊である学校のカリキュラムというものが持つつメリットかと思います。

つまり、「好きな時に好きなものだけ学べる自由」とひきかえに「その結果、何がおこっても本人の自己責任」というには小学生や中学生の年齢の子供たちはあまりに幼く、場合によっては残酷な結果になり得るのではないかと感じました。

さらに、このような教育の理想像を求める上で必要なのは、教師の質の高さや専門性だと思うのですがそこには必然的に高いお金がかかるものと思われます。

例えば、ゆとり教育にみられた、履修範囲や内容、時間を「ちょっと緩めてみる」という試み自体は、実はそんなに悪いことではなかったような気がするのですが、そこで生まれたゆとり時間を活かして子供の興味や能力に応じた対応を効果的に行おうとするとそこには莫大なコストや手間がかかることは必須です。さらに教える側の教師に求められる力量や専門性も相当高くないと対応できないのではないか、と思います。

つまり、せっかくのゆとり時間が上手く活かされないままだらだらと時間だけが過ぎていくリスクが生じるのです。この点について、サドバリースクールは誰でも通える身近な学校をめざすという理念があるため、授業料も良心的に設定されていて、生徒が何かを学びたいときにはボランティアや卒業生がアドバイザーとなって、学科を担当するという制度があります。

このあたりを「ボランティア」に頼らざる得ない状態が、「安かろう、悪かろう」のトラップに陥るリスクにも感じられました。

SS6

一方で教育者としての理想があり、もう一方で財源や人材といったリソース不足という現実があるなかで、このように「引き出す形」の教育法を実践していくのは本当に難しい、そう感じた学校見学会でした。

まぁ、でも、世の中にこんな学校があってもいいかな、という気がします。一般的な学校がおせっかいにあれこれ教えてくれようとする中で、自分にはなにかやりたいことがあり、どうか邪魔しないでくれという子供がいたとしたら、ここは確かに理想的な学校です。

少なくともここには子供たち一人一人の居場所があり、大人も子供も等しく人格が尊重されて役割りもあり、小さなコミュニティーのメンバーとして学校経営に参画できたり、どんな活動を行おうと、勉強も遊びも等しい価値があるものとして見なされます。

学校の理念も素晴らしいですし、スタッフや在学生の方々も目が活き活きしてとても魅力のある学校でしたので、これからを見守らせて頂きたいなと感じます。

会計やお金の話ならいつでもさせて頂きますよ、とボランティアスタッフのサインアップをしてきましたので、また、今後、ご縁が繋がるかもしれません。

 

Free at Last: The Sudbury Valley School
Daniel Greenberg
Sudbury Valley School Pr
売り上げランキング: 134,504

 

The Sudbury Valley School Experience
Sudbury Valley School Pr
売り上げランキング: 1,938,586

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中