Education /子どもの教育

附属校上がりはダメか

先日の日経新聞に『付属校上がりはダメか』というアンケート記事がでていました。

子供の教育や受験に熱心な親ほどエスカレーター式の教育機関に子供を送りたがる傾向がありますが、子供のために良かれと思ってしていることでも、社会に出た時にそれがどう評価されるかということはそれぞれの子供が学校生活をどうやって過ごすかによって変わってくるようです。

いずれは子供も世間の荒波にもまれることになるので、エスカレータ教育のアンチテーゼとしての意見もしっかりと耳に入れておきたいものですね。

さて、上は付属校出身者は就職活動をする上で不利なのではないかという仮説について、調査された記事なのですが、個人の主観が大きくでるテーマなだけになかなか面白く読ませて頂きました。

まず、対象企業の採用担当者は概ね出身校は見ないという体裁を保ちながらも、エントリーシートには出身高校を記載しなければならず、これがどのような採用選考にどのような影響を及ぼしているのかということについてはブラックボックスとなっています。

そして、企業によっては、学歴不問のところもあれば大学受験を経験していない人は採用しないというところもあり、その対応はマチマチながらも就職情報サービスの別調査によるとインタビュー調査によると「出身高校名が入社後の成績に関係ある」と答える企業が3割から4割はあるといいます。

一般論として因果関係をひとくくりにはしがたいものの、大学受験という競争をくぐり抜けた経験がないということを社会人としてのポテンシャルを見る際にマイナス評価されてしまうリスクがありそうです。

個人的には、「付属校上がりを否定するのは僻みと偏見(中略)。企業も採用担当者ももっと勉強して下さい」という20代の威勢のよい女性が反論コメントを残していたのが面白いと感じました。

正直な所、中学受験にしろ、大学受験にしろ、やればやっただけのことは得られるし、大勢の中で一定の切り取られた能力に関する自分の能力を相対的に評価できるというのはとても重要なことのように感じます。

でも、そこに要される時間とエネルギーを受験以外の何か他のものに向けることができたんじゃないかと思うと、どちらが正解かはよく分からなかったりします。

ましてや自分の子供が何を求めるかなどというと、本人も分からないだろうし、親もわかりませんね~。

ひとつ言えるとしたら、世の中にでてからも子供を守り続けることはできないということでしょうか。

Almost twins / 年子育児

双子と年子ではどちらが大変か?

双子を持つママ友とよく話題になるのが双子と年子はどちらが大変か?というテーマです。

お互いに相手の子育て事情の細かい点を推測するしかないので、さぞかし大変だろうと思いがちだという傾向があるようです。

双子ちゃんがが明らかに大変なところは、生後間もない数ヶ月から一年ほどの壮絶な忙しさがまさにダブルになるということで、最初の年のあまりの大変さに母親一人での対応は最初からあきらめて、実家に長くとどまる人も多いと聞きます。

ベビーグッズはほぼ何もかもが二つづつ必要になり、予防接種から洋服から二つづつ、双子用ベビーカーや抱っこ紐(前後で抱けるデザイン)など、特殊コストもかかったりします。

ただ、幼稚園などが始まる年齢以降は、習い事、受験、進学などが同一に進むので、手間が省けるというポイントがありそうです。

一方で年子は下が生まれる頃には上が歩いてくれたり、赤ちゃん期は過ぎているのでベビーグッズはとりあえず一式あれば足ります。

洋服はお下がりが利用できる部分もあったり、発達の時間差があるので親一人でも二人を同時に抱っこしたりベビーカーに乗せなくても外出できたりする便利さがあったりしますが、上の子といってもまだ二歳未満の幼児なので双子と変わらない(いや、むしろより大変な)点もいくつか。

一つは上の子の赤ちゃん返り。

次に、発達の差からくる対応わけ(ミルク、離乳食など食事のメニューから、オムツの種類も二種類など)。

そして、進学や習い事などは、双子と同様にほぼ同時にできるので楽な点もありつつ、同学年にならないための二度手間も生じてしまいます。

教育面では双子の方が親にとっても、子供にとってもメリットが高そうな印象です。

年子では子育ての視点が上の子中心になりがちで、下の子がどうしても不利になるという調査データを見たことがあります。

と、まぁ、考えてみたところでどちらかを選べるという訳でもなく、不利な面は補い、有利な面はあらためて自覚しておくというようなことに繋がるとよいですね。

実際に年子を持ってみて思うことは、上の子の時が生まれた時には、一年半ほどとはいえ一対一でじっくりと可愛がることができたことや、下の子にはそこまで向きあう時間のゆとりは持てないながらも、上の時に学んだことを活かせたり、子供が生まれたことや一つ一つの成長に二度感動できたりという醍醐味があるかな、と。

子供が夏生まれと冬生まれ、性別が違うということもまたフレッシュな目線が持てて面白いものです。

 

WORK-LIFE / 仕事と家庭の両立

子供が病気の時に周囲から寄せられた暖かい言葉に感激

photo:01

幼い子供を二人も持つと日が落ちてから出歩くことはめっきり減りました。

週末に長女が体調を崩したため、明日は出社できないかもしれないということで、夜のうちに子供が寝たのを見計らって夫に託し、オフィスにPCやら資料やらをとりに戻ることにしました。

慌てて歩く道すがら、目の前に東京タワーが現れたのでパチリ(そんな訳で思いきり手振れしてますね)。

さて、会社でそそくさと仕事道具をまとめて家に戻ると途中で起きだして私を探していたらしく、「ママァ、ママァ~。えーん(泣)」と甘えてくる娘。

ほんの1時間くらい家を空けただけだったのですが、育児ノイローゼになる主婦の気持ちが手に取るように分かる、と疲れ顔の夫。

でも、こんな状態を何日も強いられて、「どこにも逃げ場がない」という精神の修羅場を彼が理解できたとは到底思いませんが。。

ママの存在が特別なのはとても嬉しいけれど、時にはその重圧を分散したくなったりしますね・・。

明日の朝には元気になってくれるかなぁ~、と娘の保育園の食事メニューを見ると「酢豚」。

う~ん。

病明けの子供に酢豚を作る物好きな親はいないでしょう。

やっぱり明日はお休みして、回復食をスタートさせようと思い立ち、真夜中にあちこちメールして、明日の会議はリモート参加する旨を根回ししました。

日曜の夜更けだというのに、働くママの同僚から直ぐに返事が来て「Absolutely! (もちろんリモートでOKよっ!)」と、応援してもらえたのはとても嬉しかったです。

女の敵は女、とか言いますが、ワーキング・マザー同士(同志?)はありがたいことに味方であることが圧倒的に多いです。
iPhoneからの投稿