Maternity / 妊娠・出産

妊婦は職場で我慢してはいけません

はるか昔、まだ20代前半だったころアメリカの職場での経験です。

大きな会議室の丸テーブルに20人くらい座って大量の資料を精査するという作業をしていたときのこと。

直ぐそばに座っていた女性弁護士さんがいきなり気分が悪くなってその場で吐いてしまったことがありました。

当時彼女は妊娠していて、お腹がまだそんなに大きくなくてつわりのようだったので、妊娠初期だったかと思いますが、一瞬周りの人たちは驚いたものの、直ぐに誰かがペーパーナプキンを持ってきたり、彼女をトイレに連れて行ったりして、数分後には何事もなかったかのような状態になりました。

そして女性も、その後は何事もなかったかのように仕事を続けていました。

その時、周囲の人達は「大丈夫?もう帰ったほうがいいよ」とか、「辛かったら少し横になれば?」などと大げさな提案をする人は全くいなくて、’Are you OK?’ とか、少し後になって ‘How are you feeling?’ などと軽く声をかけるくらいだったので、そのとき一番年下だった私としては、(そんなものなのかな?)と思ったことを思い出します。

それから何十年も経ってから自分自身が仕事を持ちながら妊婦生活を続けていると、あらためて「職場に妊婦がいることの自然さ」というものを意識している自分がいます。

今でこそお腹がせり出してきたので誰の目にも妊婦なのが明らかなのですが、これが分かると、「つわりってどれくらい辛いんですか?大丈夫だったんですか?」という年若い女性社員から質問されることが幾度となくあります。

(そうか、みんないずれはわたしも、と思いながら漠然とした不安を抱えているのね~)と感じながら、「つわりの症状は人それぞれなので代表的な意見は言えないけれど、わたしの場合は仕事中に気分が悪くなって何度かオフィスで吐いたことはあったかな」と正直に答えています。

実は通勤途中にも子供を前に抱っこしたまま草陰にゲーゲーしたことがあるのですが、そんなときにも何故か悲壮感を抱くことがなかくて、むしろ誇らしげでな気持でいられたのは、「そういえばあの女性弁護士さんも吐いてたな~、仕事ができて、美人でママで格好良かったな」と、いつの間にか自分がロールモデルに近づいたような気分になったからかもしれません。

私自身、今のところ会議中に人前で吐くような経験はしていませんが、仮にそうなったとしてもきっと周りは理解してくれると思いますし、「つわりになったら時と場所を選ばずにいきなり気分が悪くなって吐いてしまう」ということが職場の常識として当たりの前レベルとして理解が深まってくれたらいいな、と思える今日この頃です。

職場で一人、悲壮感を抱えてつわりのつらさをこらえるのは精神的に辛いですが、(もし吐いちゃったらゴメン!)くらい開き直れば意外と楽になれるかもしれません。

だから、例えば社員集会みたいな場所で社長にゲロをかけてしまうくらいのパフォーマンスができたら、社会進出中の妊婦として良い仕事ができたといえるのかもしれません。

辛さは隠さないといけない、人に迷惑をかけちゃいけない、と思い過ぎると

自分の居場所がどんどんなくなってしまいますからね。