来年の手帳を買いました

毎年この季節になると無性に来年のスケジュール帳が欲しくなります。

CFOの舞台裏

もうかれこれ5年ほどアクションプランナー を使っていて、あまりに使い勝手がいいので、他の手帳には一切目もくれず、来年のものをゲットしました。

今年のカラーは赤にしてみましたビックリマーク
CFOの舞台裏
と、言いながらも、iPad を持つようになってから全ての予定をGoogle Calendar で管理するようになり、実は今年の前半は全く紙の手帳を使っていなかったのです。

半年ほど手帳とおさらばして何の不自由も感じなかったのですが、数か月前に職場に復帰してから「やっぱり紙も必要~!」と思って復活させることにしました。

その理由は、会社での予定はメールのカレンダー機能を使って秘書さんがどんどん更新してくれて更新情報が全て会社のサーバーに落ちてしまう一方で、家族や自分のプライベートの予定はどんどんGoogle Calendar に入れるので、情報を一元的に管理できなくなってしまったからでした。

毎朝会社のカレンダーの中身を確認したら後は殆ど紙のスケジュールを携えて行動するのが一番便利だということに気づきました。

紙の手帳に殴り書きしているのは、主にどのミーティングで何を話すのかとか、To Do などのアクションアイテムで、ぐるぐると絵を書いたりしながら考えるのが性に合っているみたいです音譜

以前と紙の手帳の使い方が変わったのは、紙の手帳は平日は会社に置きっぱなしにしておいて、週末だけ家に持って帰るという点で、結果的には生活の一部が電子管理されたという感じですね。

いつも持ち運んでいた頃よりは、バッグの荷物が減って少しは楽になりました。

デジタルとアナログの併用のバランスは個人の好みですね メモ

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中