幼少期のイメージ刷り込み

幼児番組をみていると、幼児期に女性のセルフイメージの刷り込みがこうして行われるのかと溜息がでることがあります。

 

例えば、「おかあさんといっしょ」には「新幹線でゴー、ゴ・ゴー」という歌が出てくるのですが、一番は、「ほら見て僕は運転士さん、(中略)よ~し、出発進行!}というような内容で、二番に入ると、「ほら見て私、ワゴンでサービス。(中略)はい、お茶とお弁当ですね。お待たせしました~」という展開になっています。

運転士さんが一生の仕事として、活き活きと格好良くハンドルを握り、大きな車輌のコントロールを握っている一方で、お姉さんのお仕事は時給制のワゴンサービスで、見知らぬお客さんから指示を受けて働いています。

たかが子供の番組なのですが・・・ だからこそ職業選択はもっと自由に描いて欲しいなぁと思ってしまいます。

なにもこの番組だけが特別という訳では決してなくて、わたしたちの日常のいたるところに偏在しているイメージなのだと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中