iPad 用キーボード

 

CFOの舞台裏
Apple iPad keyboard (JIS)

iPhone の入力作業を簡易化するためにキーボードを買ってみました。Desktop で作業しながらカレンダーを出しておいたり、アプリを操作できるのでかなり便利です。

旅行中や移動中にかなり長い文章やメールを上のKeyboard を使って書いたりして、便利な世の中になったな~と感動します。

ですが、実は上のKeyboard はiPad の充電口とドッキング出来るようになっているため、構造上の不便さが幾つかあるので、もしご購入を検討中の方はご検討を。

一つには純正のケースをつけたままドッキング(接触と充電)が困難です。

通常、ケースは本体にピッタリと装着するので着脱が必要だととても面倒。

裏技としてケースの接続部分を切り込めばケースに入れたまま接続できるようなので、今度やってみようと思います。

もうひとつは縦向きでしか使用できないこと(横向きには立てかけることもできない、例えできたとしてもKeyboard と接触できない)。

購入時には縦向きにしか使えないことが不便だとは想定していなかったのですが、メールをチェックするときに横向きに使うとInbox の中がそのまま表示されたり、Keynote (アップル版パワーポイント)のアプリが横表示でしか使えないので、これが意外とネックになっています。

そして、接続部分がグラグラ動きやすくてKeyboard が反応しないことがたまにあります。

接続部分の不安定さは気をつけて使用するしかないようですね。

薄くて軽いし、持ち運びにも便利なことこの上ないので使ってはいますが、横向きに使えるKeyboard に買い換えたいな~と思っています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中