ママのお役立ちグッズ紹介 その③

実際にベビーカーを使ってみて、思いのほか重く、もったりした感じが歯がゆいのは私だけでしょうか・・?

生後7ヶ月を超えるとベビーの腰もすわってきて、軽量のバギーに切り替えることができますが、半年もの間、ベビーカーを押して移動するのはかなり大変です。

世間のママたちはもっと優雅にベビーカーライフを楽しんでいるのかもしれませんが・・・、同類の人がいると信じておすすめしたいのがこれです。

 

新生児から使えるタテ抱き抱っこひも

CFOの舞台裏

新生児から首がすわる三、四ヶ月までは横抱きの抱っこひもが主流ですが、ベビービョルンの抱っこひもはタテに抱いても首の後ろをサポートするベルトがついているので新生児から使えます。

横抱きだと片手をベビーの身体に添えないと不安定なので、もう片方の手しか空かないのですが、タテ抱きだと両手が使えます。

いまどきの抱っこひもは、肩ベルトが広めで、腰のベルトにも重さが分散される仕組になっているので疲れにくいデザインになっていますが、使う人との相性もあるかと思うのでお店で試着できればベストかと思います。

移動の途中でエレベータが完備されていなかったり、両手を開けて荷物を持ちたい時など、本当に重宝します。

生後間もない赤ちゃんをガンガン外に連れだすのはよくないのですが、ちょっとした買物とかお出かけのたびシッターさんを呼ぶわけにもいきませんしね。

ベビーカーの良さは移動した先でゆっくり何かを楽しむ時に両手が空くことですが、なんといっても移動の最中が大変です。

車で移動する生活ならいざしらず、人ごみの中でゴメンナサイ、エレベーターでぶつかってスミマセン、助けてもらってアリガトウ・・・という気苦労で疲れてしまいます。

段差がない道を選んで遠回りしたり、凸凹した道を避けて歩いたり、意外と面倒なものです。それに抱っこひもに揺られていると、ベビーがよく寝てくれるという特典もあります。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中